骨盤(仙腸関節)リリース

仙骨と左右の寛骨

骨盤は仙骨を真ん中に
左右を腸骨が挟んでいます。
そのつながりの部分を
仙腸関節と呼びます。
腸骨下部は坐骨となり
そのつながりは坐骨結節です。

仙腸関節 前面からと背部から

仙腸関節は強力な靭帯に
囲まれて抑えつけられており
そこが可動するかどうかは
議論の的になっています。

当院では
「関節」
と名がつくのだから
関節包に囲まれており
大きく動くことはないにしても
しなる程度の動きは必要であり
ロックしていることは
望ましくないと考えております。

見た目にはっきりわかる体の歪みは
筋肉の緊張の左右差です。
例えば脚の長さに差が出るのは
大腿四頭筋や殿筋の拘縮
それとともに腰より上の腰方形筋等が
縮んでしまうと一見骨盤がゆがんでいるように
見えます。

当院では
バキボキするような矯正はありません。
区別してもらうためにリリースとしました。

関節は「関節包」という袋状の物に
包まれていて内側を滑膜といいその内部は
「滑液」に満たされています。
滑液は関節に圧力がかかることによって
滑膜B細胞から分泌増産されます。

施術にはこの生理的作用を利用します。

耳状面

仙腸関節は上下に伸びる
「く」の字型をしていて
その形は耳状面とも呼ばれます。
そのくの字型の
・上部で前後する。
・下部で前後する。
・左右で違う方向
・それらが重なり合っている。
という状況が起こりますが
これは見た目ではわかりません。
上前腸骨棘(骨盤の両脇の出っ張り)が
前に出てるとか下がってるとか
は関係ありません。


足の母趾の運動検査によって
状態を把握していきます。
腸骨に対しての仙骨の傾きで
神経が引っ張られることによって
微妙な長さや太さの違い
が出てきます。
その違いを検査によって捉えます。

仙腸関節への軸圧


あとは軸圧をかけることによって
ロックを外していくことを
繰り返します。

これを
仙腸関節に続いて
股関節・腰仙関節・胸腰移行部
頚椎・環椎軸椎
に施します。

当院に
ぎっくり腰などの急性症状で
いらした方もまずはこの
仙腸関節のリリースから
施すことになります。