刺鍼に伴う痛み

こんにちは鍼灸治療院リーチ
院長の政岡です。

今回は
「鍼治療に伴う痛み」
について書きます。

切皮痛

鍼が表皮を貫くときに出る痛みです。

痛みを感じる受容器
「痛点」は表皮にありますので
これをなくすために鍼灸師は練習します。

痛点は皮膚上に点在しています。
皮膚面をシワのよったまま打つより
引き伸ばしたほうが
その面積あたりの痛点の数は
少なくなります。

患者様側に添える方の手を
押手と言い
OKサインのように
人差指と親指の先を合わせ
その指先を開くようにして
皮膚面を引っ張ることで
痛点を少なくするのです。

切皮痛押手

適切な圧で肌面を捉えていないと
うまく引っ張れません。
患者様側から見れば
押手がふわついているときは
「痛いかも?」
と予想できます。

また細い鍼よりも太いほうが
断面積が大きいので
捉える痛点が多くて
より痛いということになります。
当院では臀部などは
一五番鍼を使います。

太い鍼細い鍼

でも
太い鍼だから切皮痛が出る
ということでもありません。
むしろ細い鍼のほうが
敏感なところに使用することが多いので
痛みを感じさせてしまうかもしれません。

刺入されてからの痛み

身体の内部でも
痛点は膜に多く散在しています。
凝り固まった筋肉の
筋膜を貫くときは
表皮上のように
押し手がありませんので
痛みを感じます。

深部の筋肉が過緊張のため
「骨かな?」
と疑うぐらい硬いこともあります。

悪いほど硬いと言えます。

そういった原因筋の筋膜への
鍼先の接触時にも痛みを感じます。
その痛みを避ける方法として
刺激になれさせるため
「鍼先があたった時点でしばらく時間をあける」

ということもしますが
事前準備としての
脱力と短縮位
の方が重要です。
力が入ったまま緊張したままの筋肉に
打っても鍼の効果は半減しますので
患者様に脱力を促すようにしています。

短縮位とはその筋肉が一番縮んだ状態です。
一番力の入ってない状態を
他動的に作り枕やマットで維持します。

筋膜自体の状態も痛みを作り出します。
「重積」と「癒着」です。

重積とは
ストレスのかかった筋膜が
折り重なった状態です。
痛点が散在した筋膜が
重なってさらに密度が濃くなっています。
痛みを感じて当然です。

癒着というと
言葉がすぎるかもしれません。
膜同士の滑走不良ぐらいが適当です。
ヌメーとした表面同士が
水分が充分あるときは滑るのに
水分が不足するとカビカビになって
くっつき始める感じです。
医師が行う
ハイドロリリースはこの状態に
注射針によって
生理食塩水を補給します。

骨膜との境目などには
癒着と言うにふさわしい場所があったりします。
肋骨や前脛骨筋など 鍼を潜り込ませると
ピリピリとかなりの痛みを感じます。

血管・神経にあたったときも痛みを感じます。
注射針と違い
鍼先は
それらを避けるような形になっています
がそこに慢心していてはいけません。
血管の場合
無理をすると内出血を伴います。
神経の場合は
鍼の圧迫によりピリピリとしびれが出て
気持ちのいいものではありません。
解剖学上はっきりしているものは
極力避けます。

その部分の血管や神経は
どの筋肉に沿っている
ということはわかっています。
その筋肉を押手で脇へ寄せて
いったん鍼先を骨に当てるということも
血管・神経を避けるためのテクニックです。

鍼を刺す穴数は
少ないほうがいいと思っています。

無痛で刺鍼を済ませても
交感神経は亢進します。
そしてしばらくして副交感神経が優位になり
眠気やだるさを感じます。

これを好転反応というのは間違いです。
自律神経を乱高下させる刺激は
少ないほうがいいのです。

一度で済ませるよりも何度かに分けて
徐々に回復するほうが適当であると言えます。

以上が当院の刺鍼に対しての
考え方とやり方です。

皆様のご健康を願いつつ
ご来院を心からお待ちしております。

大阪市東成区大今里南1-15-1
にあります。
トリガーポイント刺鍼

筋膜リリース
を得意とした
鍼灸治療院です。
原因筋にアプローチし
慢性症状を解消します。

1.筋膜リリース
 手技器具ミオラブを使い

 優しく効果的にリリースします。

2.トリガーポイント刺鍼
 
 深層の原因筋へ鍼先を届かせ
 効果的に筋肉をリリースします。


3.N.T.A 神経伝達調整治療
 体にやさしい手技により
 末梢から中枢へ働きかけ
 自律神経を介して
 御身体の調子を整えます。

4.経絡治療
 単純なツボ刺激ではなく
 脈診・腹証により経絡を読み
 御身体の調子を整えます。

5.MCトレーニング
 駆血することによって

 速筋へ効果的に働きかけ
 QOL向上へ役立てます。


6.美容鍼
 筋膜をねらい
 動きを良くすることで
 表情が豊かになります。
 
7.育毛鍼
 1回/週で3ヶ月12回を
 目安に施術していきます。

初診の方はコース治療になります。

ご予約ください。
電話・メール・LINEで受け付けております。

その際にも症状はお聞きしますが
患者様の自己診断や
他院での診断をうのみにするのではなく
当院独自の問診・検査を行いますので
初診の場合2時間程かかります。

血圧・体温・患部の熱感・姿勢の評価
脈診・舌診・腹診の他
触診(NTA)へと進んでいきます。

施術はミオラブを使った
筋膜リリースから入ります。
例えば腰痛の場合
下肢のアンバランスがあれば
大腿四頭筋から順に下腿へと
リリースしていきます。

ハムストリングスは筋膜の重なりが多くリリースの対象です。
ポイントをミオラブで押さえながら患者様に膝の曲げ伸ばしをしてもらいます。
ふくらはぎの腓腹筋はくっきり分かれているのが理想です。

腓骨筋をリリースすることで足元の不安定さを解消します。
腰部のリリース

筋膜リリースの場合
指圧やマッサージと違い
筋肉を押しつぶすのではなく
袋(筋膜)に入った塊(筋肉)ごと
ゆすられるような感じです。

患部とその関連部位のリリースのあと
慢性化・重症化した部分には
刺鍼を行います。

臓腑の調整のためにお腹に刺鍼しています。
レメシスを併用しています。

刺鍼・施灸がお望みでない方は
事前にお伝え下さい。

症状によってはこの手順で
行えないことがあります。

当院は予約制になっております。
お手数ですが事前に
電話・メール・LINEで
ご予約をお願いします。

症状についてのご相談も
受け付けておりますので
ご遠慮無く
お問い合わせください。

 平 日 10:00~20:00 
 土日祝 10:00~17:00 

予約制
不定休(カレンダーをご確認ください)

 

院長氏名:政岡 史朗

〒5370013
大阪市東成区大今里南1-15-1

詳しいご案内はこちらをクリック

06-7163-7470
MAIL:KEIKETUTARO@HOTMAIL.CO.JP

クリックしてください。
繋がったらメッセージをください。

LINEからのお申込みは初診料がサービスになります。

申し訳ありません。
健康保険を取り扱っていません。
料金は実費になります。

院長略歴
氏名:政岡史朗 
1964年3月27日生まれ
大阪府立夕陽丘高校卒/横浜国立大学第二部経済学科中退/東京医療専門学校鍼灸科卒/神経伝達調整治療自然治癒力研究会NTAインストラクター/POWERFULL LIFE社認定MCCトレーナー

刺鍼に伴う痛み」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。