五十肩の急性期 で大切なことは石灰沈着性腱板炎と区別すること

五十肩の急性期について書きます。

一般に四十肩・五十肩とも言われる
肩関節周囲炎
腕が上がらなくなって
お困りの方も多いと思います。

石灰沈着性腱板炎とは

まず大事なのは
その症状が
五十肩か石灰沈着性腱板炎
を判断することです。

発症する場所は似ていますが
石灰沈着性腱板炎の場合
原因は石灰状のものが
(※炭酸カルシュウムではなくリン酸カルシュウム)
腱板内に沈着しやがて塊となって痛みを発症します。

区別のポイント

区別するポイントは
・外傷の覚えがないのに突然の激烈な痛み
・上腕骨大結節(肩と腕の境目)にはっきりとした圧痛
です。
40~50才の女性に多いのも特徴です。
以上が石灰沈着性の特徴になります。

この2つが当てはまるのなら
まず整形外科へ行きましょう。
リン酸カルシュウムの結晶は
レントゲンに写りますので
痛みの原因がすぐに分かります。

石灰沈着性腱板炎のほうが治りやすい

そして治療が注射ですみます。
リン酸カルシウムは脂溶性です。
ステロイド・ヒアルロン酸の注射で
溶けて流れ出します。
1~3回の注射だけで済むので
原因がはっきりわかる
石灰沈着性腱板炎のほうが
ある意味 簡単に治ると言えます。

この区別ができずに
鍼灸院や整骨院で
石灰沈着性腱板炎
あーだこうだやっても
長引かせるだけです。

五十肩なら

では整形外科に任せればいいのか?
というとそうでもなく
五十肩だった場合
「骨には異常はない」
とされて湿布の処方だけで
帰されたりします。
ブロック注射で痛みを感じないようにしたり
口頭で運動療法の指導などはありますが
五十肩の場合
整形外科では有効な手立てがない場合が多いです。

患者様としては自分の症状に親身になって
対応してくれる治療院を探すことが大事です。

もう一点
安静にすること
程度によりますが
発症から1週間から10日間は
動かさないほうがいいです。

その前段階
炎症が起こる前の段階で
気がついて来院くだされば
違和感ぐらいのときに来てくだされば
何事もなかったかのように済ませられます

いつから異常が出始めたか
いつから痛み始めたかを
なるべく正確に覚えておいてください。
運動療法を始める基準にします。

「五十肩は動かさないと固まってしまう」
とよく言われますが
初期は明らかに炎症が起こっています。
その炎症が沈静化するまでは
腕を三角筋でつって日常を過ごすぐらいの
安静が必要です。

そして
いつ動かし始めるかを見極めてくれる
信頼できる治療院が必要です。
その点では五十肩は鍼灸院か整骨院へ
通ったほうがいいのです。

鍼による筋膜リリースは
運動を始める時期を見誤って
固まってしまった五十肩にも有効です。