肘の痛み テニス肘野球肘以外

肘の痛み
テニスも野球も 
運動なんてしたことないのに
肘が痛い!
という方も多いかと思います。
そういう人に
テニス肘・野球肘などと
疾患名をつけてもピンとこないかもしれません。

回内・回外動作をしてみる

腕を前に出して
肘から先をひねります。
腕をひねる動作はその方向によって
「回内」「回外」
分けられます。

回内動作で痛みが出れば
肘の内側が痛みの中心

内側上顆炎(野球肘)

回外動作で痛みが出れば
肘の外側が痛みの中心

外側上顆炎(テニス肘)

となります。

よくわからない場合 追加の検査として
・人と向き合って握手をしてもらい
 抵抗されながらドアノブを回す方向に
 手をひねる。
・ある程度の重さのも(ノートPCぐらい)
 を肘を伸ばしたまま持ち上げてみる。
で痛みが出れば 外側上顆炎 と考えられます。

日常生活で肘を痛める要因

肘の回内動作は
物を掴むときも
含まれているため
日常生活の中だけで症状を作ったとすれば
外側上顆炎よりも内側上顆炎のほうが
多いように思います。

その場合の内側上顆炎は
野球肘とは違い
円回内筋のリリースだけで
済む場合が多いです。

肘頭の痛みは上腕三頭筋

肘の痛み は
肘頭付近に出ることがあります。
肘を伸ばすために働く
上腕三頭筋の停止部にあたります。

このことを念頭に日常生活でも
上腕三頭筋が負荷を
強いられていることがないか?
を考えてみました。

上腕三頭筋は肘を伸ばす方向に
働きます。
物を掴んで引き寄せる上腕二頭筋は
よく使われますが上腕三頭筋はあまり
使われず 運動しない人にとっては
衰えていく筋肉です。

でも地味に頑張ってるんです。

例えば

・頬杖をつくと
 肘が曲がった状態で
 重い頭部を支えます。
 横に寝てテレビを見ているのも
 同じようにじわじわと
 上腕三頭筋に負担をかけます。

IMG_59871

・椅子の肘掛けに肘を乗せる
 この時上腕三頭筋は
 ほぼ伸び切った状態で
 体重を支えています。

20181008_073056847_iOS

・スマホのフリック入力
 肘を曲げた状態でスマホを
 長時間支えます。

20181008_073336605_iOS

・自転車やバイクに前傾姿勢で
 乗り 頻繁にブレーキをかける。
 この場合は上腕ニ頭筋が
 伸ばされた状態で
 減速による重い負荷を
 かけられます。

日常生活でこれらの動作を
繰り返すことによって
筋スパズムおよび
筋膜の滑走不足をつくり
肘の痛みの原因になっていると
考えます。

投球動作などで出た
肘頭から上腕にかけての痛みは
上腕三頭筋炎です。
筋膜リリースによって
とることができます。

小さな痛みを早めに対応しておけば
大事に至らずにすみます。