肘の痛み 調べ方 上腕三頭筋炎

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
肘の痛み 上腕三頭筋炎 について
考察してみました。

肘のどこが痛いのか?

スポーツをしたあと
痛みに襲われたのなら
どんな動きをしたかで
痛みの場所を把握しやすいですが
日常生活の中で
なんとなく痛くなってきたものって
本人もよくわかってないかもしれません。
どこが痛いのか確かめてみましょう。

回内・回外動作をしてみる

腕を前に出して
肘から先をひねります。
腕をひねる動作はその方向によって
「回内」「回外」
分けられます。

回内動作で痛みが出れば
肘の内側が痛みの中心

内部リンク「内側上顆炎(野球肘)」

回外動作で痛みが出れば
肘の外側が痛みの中心

内部リンク外側上顆炎(テニス肘)

となります。

肘頭の痛みは上腕三頭筋

上腕三頭筋

肘の痛み は
肘頭付近にも出ることがあります。
ここは肘を伸ばすために働く
上腕三頭筋の停止部にあたります。

このことを念頭に日常生活でも
上腕三頭筋が負荷を
強いられていることがないか?
を考えてみました。

上腕三頭筋は肘を伸ばす方向に
働きます。
物を掴んで引き寄せる上腕二頭筋は
よく使われますが上腕三頭筋はあまり
使われず 運動しない人にとっては
衰えていく筋肉です。

でも地味に頑張ってるんです。

日常生活で肘を痛める要因

例えば

・頬杖をつくと
 肘が曲がった状態で
 重い頭部を支えます。
 横に寝てテレビを見ているのも
 同じようにじわじわと
 上腕三頭筋に負担をかけます。

IMG_59871

・椅子の肘掛けに肘を乗せる
 この時上腕三頭筋は
 ほぼ伸び切った状態で
 体重を支えています。

20181008_073056847_iOS

・スマホのフリック入力
 肘を曲げた状態でスマホを
 長時間支えます。

左手にスマホを持って操作する男性の肘から方にかけて矢印が力が入ってることを示している

・自転車やバイクに前傾姿勢で
 乗り 頻繁にブレーキをかける。
 この場合は上腕ニ頭筋が
 伸ばされた状態で
 減速による重い負荷を
 かけられます。

日常生活でこれらの動作を
繰り返すことによって
筋スパズムおよび
筋膜の滑走不足をつくり
肘の痛みの原因になっていると
おもわれます。

ここにスポーツが加わると

テニスのバックハンドでは

テニスのバックハンドでは
相手のボールに差し込まれて
肘が曲がったままで対応すると
上腕三頭筋は伸ばされたまま
衝撃を強く受け
強い負荷になります。

さらに
前方へ送り出す動作をします。
より強く相手に返したいからです。

ラケットを送り出す動作は
曲げた肘を伸ばしていく
上腕三頭筋 の動作です。

三頭筋は長頭・外側頭・内側頭があり
3つとも前腕 尺骨の肘頭で停止します。
肘頭に近い重なり合った部分は
滑走不足を起こしやすく
筋膜リリースの対象です。
三角筋に隠れた起始部の圧痛点も
リリースします。

上腕三頭筋のリリース

そして
送り出されたラケットは
肘の屈筋である
上腕二頭筋・上腕筋
で止められます。
これも大きな力を必要とする
筋肉に負担のかかることです。

この上腕の屈筋のリリースまでを行って
テニス肘の施術は完了です。

内部リンク「肘の痛みテニス肘」

野球肘は進行した症状

ピッチャーが投球練習など
繰り返し行うと
骨棘が出来るなどの
変形性肘関節症になります。
骨棘は肘頭あたりにでき
痛みを生じます。
これは進行した症状で
外科的な治療を必要とし
区別しなければなりません。

小さな痛みのうちに
早めに対応しておけば
大事に至らずにすみます。

内部リンク「肘の痛み内側上顆炎」

皆様のご来院を
心からお待ちしています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。