テニス肘の原因は上腕にあります。

テニス肘 か野球肘か?

肘の症状 は テニス肘
野球肘に分けられます。

外側が痛いのか内側が痛いのか

外側の症状が
テニスのバックハンド
原因のことが多いので
テニス肘と言われます。

バックハンドは特殊なこと

硬式テニスを始めると最初に
「手首は使わない。」
と習います。
これは他のボールを打つ競技と比べて
特殊なことだと私は思います。

このとき言いつけを守らないで
手首を使うと外側上顆から伸びた
伸筋群を痛めることになります。

バックハンドはさらに特殊で
ラケットを持った手の反対側で
背面(手の甲側)を使って打ちます。

上達してきて打点を前に置くようにできるとこの限りではなくなりますがそれがさらに肘に負担を掛けることになります。

前腕の伸筋群の解剖図
前腕の伸筋群

参考:解剖学的肢位
解剖学では手のひらを前に向け

直立した姿勢を基本にします。
手の場合 親指側が「外側」になります。

保存的治療では
この伸筋群に加療し
前腕の肘に近いところに
エルボーベルト
を巻いて可動域制限をかけ
安静にすることで治癒を図ります。

それだけで治るかというと
日常生活では痛みはおさまるのですが
テニスをするとまた痛みだす
エルボーベルトはつけたまま
という状態の人が多いかもしれません。

当院では
回外筋をリリースします。

回外筋の解剖図
回外筋

バックハンドの動作には
前腕の回外動作が入ります。
ベテランほどその傾向が強いはずです。
ということは酷使されていて
施術の対象になるわけです。

テニスラケットを握った回外動作
回外動作

内側上顆の円回内筋も

さらにその拮抗筋である
円回内筋もリリースします。
そうすることによって
尺骨と橈骨の二本平行している
骨の自由度がまして
前腕が開放されます。
前腕が軽くなった感じがします。
受けた方の感想では
肘から先に血が通い始める感じ
だそうです。

円回内筋の解剖図
円回内筋

外側上顆は上腕にあります。

テニス肘は
「 上腕骨外側上顆炎 」
ともいわれます。

外側も内側も上顆は上腕骨にあります。
肘の痛みに上腕が関係ない訳ありません。

肘は前腕の二本の骨
尺骨橈骨
上腕の
上腕骨
で構成されています。
尺骨の肘頭を境にすると

小指側を
上腕骨内側上顆

親指側が
上腕骨外側上顆

になります。

当院では上腕も施術の対象にしています。

上腕三頭筋と二頭筋

バックハンドでは
相手のボールに差し込まれて
肘が曲がったままで対応すると
上腕三頭筋は伸ばされたまま
衝撃を強く受け
強い負荷になります。

さらに
初心者のうちのバックハンドは
ボールを捉えたら完了ですが
ベテランになると
前方へ送り出す動作をします。
より強く相手に返したいからです。

ラケットを送り出す動作は
曲げた肘を伸ばしていく
上腕三頭筋 の動作です。

三頭筋は長頭・外側頭・内側頭があり
3つとも前腕 尺骨の肘頭で停止します。
肘頭に近い重なり合った部分は
滑走不足を起こしやすく
リリースの対象です。
三角筋に隠れた起始部の圧痛点も
リリースします。

上腕三頭筋のリリース

そして
送り出されたラケットは
肘の屈筋である
上腕二頭筋・上腕筋
で止められます。

この上腕の屈筋のリリースまでを行って
テニス肘の施術は完了です。

テニス肘を本気で治したい方
ご来院をお待ちしております。

テニス肘の原因は上腕にあります。” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。