慢性症状

慢性症状TOPPNG_01
例えばこんな症状で合体PNG_01

なかなか治らない
慢性症状の場合
その原因が
深層の筋膜にあり
手付かずになり
長引いています。

たとえば 坐骨神経痛

坐骨神経を絞扼する
梨状筋は臀部の奥深くにあり
その始まりは仙骨の裏側に隠れています。
マッサージや短い鍼では届きません。

たとえば ストレートネック

改善させるためには
後頸だけでなく
首の前面の筋肉である
頸長筋へ
届かせなければなりません。

頸長筋

たとえば 肩こり

複雑に重なり合った筋膜を
広い範囲でリリースしなければなりません。
手でもみほぐすよりも
当院のミオラブは筋膜を
効果的に把握しコリを解消します。

肩周りPNG
724d13ce0a981b5072e257c67846e605_163f21962442f3c2c65cc9c1276f0452
ミオラブ

諦めていた症状に
はりきゅう筋膜リリースは
効きます!