表面と深層の筋肉の関係

物理の力学で
滑車やてこを利用すると
力が入りやすいと
習いました。
実際にも利用することが
あると思います。

こういった力学的構造が
並んで走行する
2つの筋肉の関係にも
当てはまる場合があります。

上腕二頭筋
肘を屈曲させますが
その深層に
上腕筋
隠しています。

上腕筋
上腕骨の中程から
肘に近い方に
起始部を長く広くとり
しっかりと付着しています。
収縮のストロークは短く
俗に言う
「ちからこぶ」
にあたります。
肘を軽く曲げたときも
深く曲げたときも力めば
ちからこぶの硬さは
それほど変わりません。

上腕筋は
屈曲のために働くより
負荷に負けないように
肘を任意の角度で固定させる
ために働いているようです。

参考:筋肉は
   断面積が同じなら
   繊維部分が
長いほど
   力が強い。
ピッチャーの場合身長が高いほど
より速い球を投げられる可能性が
あります。

肘が屈曲していくには
より長さのある上腕二頭筋が
メインで働きます。

上腕筋は上腕二頭筋の下で
「ちからこぶ」となり
上腕二頭筋が力を出し切るための
「滑車のくるま」 
「てこの支点」
のような働きをします。

上腕二頭筋と上腕筋のように
重なり合った筋肉どうしにはその面での
スムーズな滑走が必要であり
筋膜リリースの対象です。

上腕筋は深層にあるうえに
強度の緊張を強いられるため
トリガーポイント刺鍼が
必要です。

力学的補助の関係の
筋肉は 他にも あります。

・大腿直筋と中間広筋

・長腓骨筋と短腓骨筋

・大腿二頭筋(長頭・短頭)

です。



どの組み合わせも
立つ歩くなどの
基本的な運動にとって
大事な部位です。

この組み合わせをリリースすると
身体は
てきめんに動きやすくなります。