手の症状

あなたの症状、次のどれかに該当しませんか?

☑握れない・指が伸ばせない。
☑親指の付け根が膨らんでいる・筋張っている。
☑腕がだるくなる。
☑手から肩がこる感じがある。
☑不意の痛みが恐怖だ。
☑日常手を酷使しているのであきらめている。
☑ずっとサポーターに頼っている。
☑筋電図検査をしたが原因がわからない。
☑手術を勧められている。

当院は
湿布を処方しません。

保存治療のための
サポーターやテーピングは
処方しません。

一度いらしていただければ
湿布にもサポーターに頼らない
生活をしていただけます。

手の症状として代表的なものに
腱鞘炎がありますが
その炎症の場所がどこであろうと

必ず

拇指球

が原因の一つになっています。

肩こりが原因という説もあります。
肩こりが原因で血の巡りが悪くなって
抹消の手の方に症状が出る。
だから肩こりから治さなければ…。

一理ありますが 
始まりはどこであれ
一番密接に関係している
原因部位を診なければ
時間がかかってしまいます。

手を握ることと
手首を掌側へを返すことは
同じ筋肉を使っています。

指を開く筋肉と
手首を背側へ返すことは
同じ筋肉を使っています。

どちらも
手首から先は腱になっており
前腕の肘に近い部分に
収縮する筋肉本体があります。

解剖実習で
手首を開いてみると
骨の周りにわらを束ねたようでした。
骨とそのわら以外なにもない
空洞のように見えます。
でも生体では
その部分に間質液が
充満しています。

最近の生理学では
拮抗する筋肉の腱紡錘が
両方同時に収縮することを
検知すると
その部分の間質液がゲル化して
流動性が重くなることが
わかっています。

腱鞘炎にかかると
手首付近は
もっさりと重く
固くなっています。

 指を伸ばしたまま
手の甲側へ力を入れる動作は
日常的にはありませんが
何かを握って押し付ける動作
日常的に頻繁にあり
手を握る側の筋肉に
負担になります。

・雑巾を握って何かを磨く
・ペンを握りしめて書く
・チョークを握って板書する
・指先で強く操作してしまう
 楽器奏者 キーボードの操作
・マウスを握りしめての細かい動き
・産後すぐのお母さんは
 ホルモンバランスの変化のせいと
 いう説もありますが
 首の座らない赤ちゃんを支えたり
 片手で抱っこしながら家事をこなす
 過酷な状況のほうが原因だと思われます。 

これらの動作で掌側の筋肉が
こわばってしまいます。
そのため最初は拮抗側である
手の甲側に
痛みが出たりします。

しかしこわばりが一番きついのは
拇指球です。

拇指球が
こわばることで
掌内の循環が悪くなるのが
腱鞘炎の主たる原因です。

拇指球は筋肉でいうと
・短母指屈筋
・母指内転筋
・母指対立筋
になります。
他にも水かきの部分の
・母指内転筋
・第一背側骨間筋
も関係します。

こわばりは筋スパズムを起こし
内圧が上がった状態です。
この部分が手のひらの循環を
さまたげることで
腱鞘炎は起こります。

ドケルバン
母指球筋と拮抗する
短母指伸筋・長母指外転筋
の症状です。
母子球の筋肉を緩めることが
一番必要です。

手根管症候群も同じです。
拇指球の異常からくる
循環異常による 神経症状 です。
間質液のゲル化が関係しています。

ばね指
腱鞘炎が進行してしまった状態です。
腱にコブができて
鞘の中に収まらない。
手術を勧められますが
鍼灸で治ります。
施灸を使います。
細く撚った「糸状灸」です。
コブを小さくするというより
血流を改善し潤滑を
良くしていきます。
腱鞘炎より
治癒に時間がかかります。

同じことが小指側で強く
でることもあります。
バットや竹刀 ラケットなどを
強く握る人に起こります。
その場合でも小指球とともに
拇指球に異常がみられます。
母指とその他の指は
向き合う構造になっていますので
両方のリリースが必要です。

当院では
ミオラブと刺鍼 施灸 を
使って効果的に施術します。

施術方法の紹介です。

ミオラブによる施術の様子です。
ミオラブによる施術の様子です。
甲側もリリースします。
甲側からの刺鍼ですが腱を貫いてるのではなく
隙間をぬって掌側の筋肉を狙っています。
案外痛くありません。
拇指球・母指内転筋の刺鍼です。
手は無意識に力が入るため丸いものに添えてもらっています。
そのことで脱力位になります。

TEL:06-7163-7470
MAIL:keiketutaro@hotmail.co.jp

クリックしてください。
繋がったらメッセージをください。

LINEからのお申込みは初診料がサービスになります。

大阪市東成区大今里南1-15-1
にあります。
トリガーポイント刺鍼

筋膜リリース
を得意とした
鍼灸治療院です。
原因筋にアプローチし
慢性症状を解消します。

1.筋膜リリース
 手技器具ミオラブを使い

 優しく効果的にリリースします。

2.トリガーポイント刺鍼
深層の原因筋へ鍼先を届かせ
 効果的に筋肉をリリースします。

3.N.T.A 神経伝達調整治療
 鉱石を使った波動調整から

 体にやさしい手技により
 末梢から中枢へ働きかけ
 自律神経を介して
 御身体の調子を整えます。

4.経絡治療
 単純なツボ刺激ではなく
 脈診・腹証により経絡を読み
 御身体の調子を整えます。

5.MCトレーニング
 駆血することによって

 速筋へ効果的に働きかけ
 QOL向上へ役立てます。

6.美容鍼
 筋膜をねらい
 動きを良くすることで
 表情が豊かになります。

7.育毛鍼
 1回/週で3ヶ月12回を
 目安に施術していきます。

当院は予約制になっております。
お手数ですが事前に
電話・メール・LINEで
ご予約をお願いします。

症状についてのご相談も
受け付けておりますので
ご遠慮無く
お問い合わせください。

 平 日 10:00~20:00 
 土日祝 10:00~17:00 

予約制
不定休(カレンダーをご確認ください)









院長氏名:政岡 史朗

〒5370013
大阪市東成区大今里南1-15-1

詳しいご案内はこちらをクリック

06-7163-7470
MAIL:KEIKETUTARO@HOTMAIL.CO.JP

クリックしてください。
繋がったらメッセージをください。

LINEからのお申込みは初診料がサービスになります。

院長略歴
氏名:政岡史朗 
1964年3月27日生まれ
大阪府立夕陽丘高校卒/横浜国立大学第二部経済学科中退/東京医療専門学校鍼灸科卒/神経伝達調整治療自然治癒力研究会NTAインストラクター/POWERFULL LIFE社認定MCCトレーナー

手の症状」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 鍼灸治療院リーチ

コメントは受け付けていません。