手の症状 をまとめてみました。

あなたの 手の症状 、次のどれに該当しますか?
診断名からもしくは実際の症状から
もういちど御自身で見つめ直してください。

※症状が肘から手にかけて出ているものを取り上げました。
 神経症状などは原因が肩を越えて中枢に近い場合があります。
※骨折など外傷が原因のものは含まれません。
直前にけがをした覚えのある場合はまず整形外科を受診してください。

腱鞘炎けんしょうえん

概要
手の筋肉は
はじまりが肘付近にあり
収縮する本体は
前腕の肘に近い部分(図青丸)にあり
そこから伸びた腱が
細くなった 手首の部分を通り
指まで達し曲げ伸ばしをします。

腱は脱線しないように鞘を通りますが
腱と鞘との滑走不足により炎症が起こると
腱鞘炎が出ます。

よく起こる部分は
親指の付け根 の手首付近ですが
どの指にも起こりえます。

連続した激しい動きが
原因になることが多く
雑巾がけを一生懸命しただけでも
おこります。

フィンケルシュタインテスト
親指を握り込み こぶしを作って
小指側に倒したとき痛みが出るなら
短母指伸筋腱たんぼししんきんけん長母趾伸筋腱ちょうぼししんきんけん
ドケルバン病 と呼ばれる
典型的な腱鞘炎の症状です。

フィンケルシュタインテスト
フィンケルシュタインテスト

対応
保存的治療ほぞんてきちりょう
サポーターなどで可動制限かどうせいげん
保護しながら
定期的に電療やマッサージをする
治療が一般的です。

当院では
母子球のリリースからはじめて
もう少し広い範囲で診て
炎症(痛み)が起こる
原因筋げんいんきんをリリースします。

内部リンク「腱鞘炎湿布やサポーターでは治りません」

「 ばね指 (弾発指だんぱつし)」

概要
指の曲げ伸ばしのときカクカクと
引っかかりがあり
痛みを伴います。

腱が触知できるほど膨らみ
コブ状になりさやに収まらないことで
引っ掛かりと痛みの症状が出ます。

親指によく起こりますが
スポーツや楽器を演奏するなど
使い方の違いで
どの指でも起こります。

腱鞘炎の症状が長引くと
ばね指になると言われています。

しかし腱鞘炎のときは
伸筋腱しんきんけんに問題があるのが多いのに対し
ばね指では屈筋腱くっきんけんに多く出ます。
これは症状が出ている場所だけでなく
拮抗した筋肉が
同時に不具合を起こしている証拠です。

ばね指になると腱にコブができます。
縮もうとする腱のコブが鞘に引っかかりますが
屈曲は自力でできます。

屈曲して鞘と鞘の間に入り込んだコブが
動かなくなります。
伸展の場合は補助しないと動きません。

対応
鞘の一部を取り除く手術がありますが
再発することがあります。

当院では
腱のコブを小さくするより
腱と鞘とのすべりを
取り戻すようにします。
他の手の疾患よりも
ちょっと時間も回数もかかりますが
ある意味手術よりも確かさがあります。
ご自身ですべりを取り戻す感覚が
わかるからです。

※腱鞘炎が長引いている方へ
ばね指になると
治りにくくなります。
腱鞘炎のうちに
治しましょう。

 「 デュピュイトラン拘縮こうしゅく

  指が伸びない症状がばね指に似ていますが
  手のひらから指の付け根にむけ
  はっきりと硬結こうけつができ
  曲がったまま伸びることがありません。
  
  薬指・小指に好発です。
  
  原因不明ですが
  コラーゲン繊維が付近を巻き込んで
  硬結を作ります。
  以前は手術をしていましたが
  現在はコラーゲンを分解する
  薬剤を注射する方法が主流です。
  
  ただし拘縮した主働筋しゅどうきん
  (患部ではなく腕のもとの方)
  には鍼灸が効果的です。

正中神経麻痺せいちゅうしんけいまひ

概要
正中神経は腕神経叢わんしんけいそうを起始に
前腕では正中を通り
手掌てのひらで親指側に分布する
上肢じょうしでは重要な神経です。

手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐん
回内筋症候群かいないきんしょうこうぐん

は正中神経の障害です。

正中神経

「 手根管症候群 」

概要
正中神経は
手首を超えると手根骨しゅこんこつをベースに
拇指球ぼしきゅう小指球しょうしきゅう屈筋支帯くっきんしたい
囲まれたトンネル「 手根管しゅこんかんを通ります。

このトンネルを通るときに
正中神経が圧迫あっぱくされ症状が出るのが
手根管症候群です。

てのひら側の母指から薬指半分までの
感覚が麻痺します。
寒い時期は痛みとして感じます。
手の痛みで目が覚めるということもあり
温めたり動かしたりで楽になります。

拇指球はせて筋張って来る場合と
腫れ上がる場合があります。

二種類の検査方法があります。
ティネル兆候サイン
手根管の部分を叩くとしびれる。
ファレンテスト
左右両手首を曲げ甲をあわせて押し付けると
しびれが出る。

対応
保存的治療が主です。
手の使いすぎが原因ですが
休めたからといって治りません。
最終的には手術を勧められます。

当院では
肘から先の
循環不良じゅんかんんふりょうと考えております。
拇指球・小指球をリリースし
手根管を開放したあと
ひじ付近の筋肉のリリースをすることで
高位の血流を改善し
再発することがないようにします。

高位の血流とは:患部より中枢に近い部分の血流 より元の流れ

前腕の解剖図
円回内筋
長母指屈筋と深指屈筋の間を正中神経が通る図

回内筋症候群かいないきんしょうこうぐん

概要
円回内筋えんかいないきんは複雑な構造をしています。
上腕の内側上顆前面に始まり
肘関節を越え前腕で
肘の内側に位置する
尺骨しゃっこつにもういちど付着し前腕中程まで伸び
橈骨とうこつで停止し前腕を回内させます。

ものを押さえつけたりする動作など
日常生活でもこの回内運動は頻繁に出てきます。
字を書くにしてもペン先を押し付けるために
常に使っています。
非常に疲弊する筋肉です。

円回内筋が尺骨から橈骨へ渡る下を
正中神経が通っているため
拘縮した場合影響を受けます。

前腕肘に近いところの断面図

症状としては手根管症候群と同様の
指のしびれのほか肘から前腕にかけての鈍痛
内側上顆炎を思わせるような
肘の内側の痛みも出現します。

対応
保存的治療の上
治らなければ手術ということが
多いようです。

当院では
円回内筋へ鍼先を届かせて
リリースし正中神経を開放します。

前骨間神経麻痺ぜんこっかんしんけいまひ

概要
前骨間神経は正中神経の分枝です。
肘に近いところで分かれますが
並行して橈骨側を走り
同じように手根管を通り
親指・示指に分布します。

第一関節が過伸展になるため
示指と親指で丸が作れず
こぶしも握れません。

「尺骨神経麻痺」

尺骨神経は腕の内側
主に筋肉の外側を通り
正中神経のように肢帯もなく
筋肉で絞扼を受ける部分は多くありません。
外傷性や使いすぎによる変形
ガングリオンなどが原因になります。

「肘部管症候群」は肘の部分
「ギヨン管症候群」は手首の部分

が原因で起きた症状です。

症状としては
小指・薬指の感覚異常・屈曲障害
原因が高位では前腕尺側の感覚異常
手内筋の萎縮による鉤爪様変形
また手掌が痩せ 巧緻障害のため
細かな作業ができなくなります。

検査
「フローマンサイン」
両手の間で栞のようなものを
母指示指でつまみ引き合うと
陽性の場合
母指の第一関節が曲がります。

「チネル兆候」
肘のあたり・小指球の手根あたりを
叩くと症状が再現されます。

対応
保存的治療・温熱療法
絞扼しているガングリオンなどの除去

撓骨神経麻痺とうこつしんけいまひ

橈骨神経は腕神経叢からはじまり
上腕では深層後面を巻き込むように
走行するため 上腕での
絞扼障害が多くなります。

前腕では分枝の後骨間神経が
回外筋に挟まれ絞扼を受けます。

上腕の症状:下垂手
後骨間神経:下垂指

という症状で区別することができます。

参考
手・腕の神経症状の場合
以上に加えて
斜角筋症候群胸郭出口症候群
も考慮しなければないりません。

「 CM関節症 」

母子球を形成する筋肉

母指の付け根の関節に痛みが出ます。
働き者の女性に多く出現します。
筋力に見合わない使い方が
原因だと思われます。
高齢者に見かけますが
関節が亜脱臼している場合もあります。
拇指球を形成する筋肉は強力ですが
使いすぎると疲弊してしまいます。
初期の段階で我慢しないことが大事です。

対応
装具やサポーターでの保存的治療
痛み止めなどの投薬

当院では
拇指球を形成している筋肉のリリース
特に拇指内転筋・背側骨間筋背側骨間筋はいそくこっかんきん
をリリースすることによって
関節の自由度を取り戻します。

ヘバーデン結節・プシャール結節

指の関節が膨らみ柔らかくなります。
動かすと痛みを伴います。
第一関節に出るとプシャール
第二関節はヘバーデンです。

関節リュウマチと症状が似ていますが
区別はまず両側性かどうかです。
リュウマチは右に出れば必ず左にも出ます。
片側だけなら
ヘバーデン結節と考えて良さそうです。
しかしヘバーデンが両方に出ている方も
診たことがあります。
リュウマチの専門医での血液検査で
はっきりわかります。

時間が経てば症状はなくなるといいますが
その間に変形したものはもとに戻りません。

対応
テーピングなど保存的治療
超音波など温熱療法

当院では
テーピングはおすすめしません。
テープを貼ることによって意識的に
患部を触ってしまって変形を
助長することがあります。

患部の直接の刺鍼と施灸
経絡の調整で対応します。
鍼灸でなければ
治せない症状だと思っています。

初期だからといって
治療期間が短くなるとは
限りませんが
早めにいらっしゃれば
形の変化は少なくてすみます。

リュウマチは現在はいいお薬があります。
初期の段階で投薬を受ければ
症状を抑えられますので
疑わしいときは早めの検査を受けてください。

「 テニス肘(上腕骨外側上顆炎じょうわんこつがいそくじょうかえん)」

テニスをする人が
バックハンドで痛めて
出てくる症状です。
使うと肘の外側に痛みが出ます。
安静時には傷まず
治ったつもりになってしまいますが
プレーすると痛み始めます。

対応
肘へのバンドなど保存的治療
テニスなど原因となる動きを休む
撓側手根伸筋など前腕の筋肉への施術

当院では
回外筋への刺鍼
内側上顆への施術
上腕への施術を行います。

内部リンク「テニス肘の原因は上腕にあります」

「 野球肘 (上腕骨内側上顆炎じょうわんこつないそくじょうかえん)」

ピッチャーが投げすぎることが
原因でなるといわれます。
テニスのフォアハンドでも
肘の内側に症状が出るので
打つ・投げるをすれば
起こりえる症状ですが

きょくの出現や軟骨のすり減り
靭帯の損傷が発生する
野球肘の症状とは
別に考えるべきです。


野球肘の場合は上腕部にも症状が出て
曲げにく伸ばしにくいということがあります。

対応
精密検査のあと保存的治療・手術

当院では
ごく初期ものであれば
前腕の屈筋群と円回内筋の起始部の
痛みととらえています。
それらとともに
上腕部のリリースも行います。
プレーだけでなく日常生活での
様子を見ていただきます。

野球肘になる前に
いらしてください。
重症化しない方向性をつけられます。

内部リンク「肘の痛み 内側上顆炎と野球肘は区別します」

以上思いつく「手の疾患」を
書いてみました。
ご自身の症状の参考に
していただけたらと思います。

皆様のご来院を
心からお待ちしています。

One thought on “手の症状 をまとめてみました。

  1. ピンバック: 鍼灸治療院リーチ

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。