ためしてガッテン

一昨夜はNHKのためしてガッテンで
鍼灸を取り上げていただきました。
中でも筋膜を扱っていただいたため
当院への問い合わせも増えております。

しかしちょっと
問題のある表現もありました。

筋膜と経絡の流れの図を重ねて
あたかも同じもののような
印象を与えていたところです。

20190220放送ためしてガッテン
慢性痛しびれが改善!逆子も治る!?東洋の神秘「はり治療」SP
から引用

「経穴は神経の集まるようなところに
  取る場合もあります」と
ただし書きがありましたが
まだ何が正しいのかわからない時点で
こういうセンセーショナルな図で
一般向けに表現するのはいただけません。

この筋膜の図の引用元である
「アナトミートレイン」の著者である
トーマスメイヤー博士も
その中で
筋筋膜連続体は張力を伝達するものであり
「気(エネルギー)」を伝える経絡とは
別のものであると書いています。

当院でも
筋膜リリース
経絡治療
別に考えております。

筋膜リリースにおける
筋膜は筋肉を包む袋であり
その連続したつながりによって伝わるのは
張力である。
そこで問題になるのは
筋膜のほつれや滑走不良である。

経絡治療を施すときには
脈診等をみて
陰陽・五行・臓腑経絡論から
証を立て経穴へ刺鍼しています。

東洋医学は
統計学のようなところがあります。

観察眼に優れた人が
何世代にも渡って事例を集めて
体系立てたものです。

その中には
目に見えないことも含まれます。

目に見えないけれど
そうなっちゃうんだから
それが真実だ。
という考えです。

一方西洋医学は
科学的に証明されて
理論立てられなければ
成り立ちません。
手術の必要性や
薬の効果には
エビデンスを求められます。

顕微鏡が発明されて
より小さいものが見えて
化学が発達して
物質の反応がわかり始めて

自分たちの理屈で理解できなければ
信用しなくなってしましました。

でもそれはここ2百年ぐらいのことです。

お釈迦様は地球が丸いことも知りませんでした。
でも現代にも通じる立派な思想を残しています。

それを現代の学問で言い換えてしまうと
味気ないおかしなものになってしまいます。

無理に重ねる必要はないのです。

参考文献「アナトミー・トレイン」
第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線

大阪市東成区大今里南1-15-1
にあります。
トリガーポイント刺鍼

筋膜リリース
を得意とした
鍼灸治療院です。
原因筋にアプローチし
慢性症状を解消します。

1.筋膜リリース
 手技器具ミオラブを使い

 優しく効果的にリリースします。

2.トリガーポイント刺鍼

深層の原因筋へ鍼先を届かせ
 効果的に筋肉をリリースします。

3.N.T.A 神経伝達調整治療
 体にやさしい手技により
 末梢から中枢へ働きかけ
 自律神経を介して
 御身体の調子を整えます。

4.経絡治療
 単純なツボ刺激ではなく
 脈診・腹証により経絡を読み
 御身体の調子を整えます。

5.MCトレーニング
 駆血することによって

 速筋へ効果的に働きかけ
 QOL向上へ役立てます。

6.美容鍼
 筋膜をねらい
 動きを良くすることで
 表情が豊かになります。

7.育毛鍼
 1回/週で3ヶ月12回を
 目安に施術していきます。

初診の方はコース治療になります。

ご予約ください。
電話
メール
LINE
で受け付けております。

その際にも症状はお聞きしますが
患者様の自己診断や
他院での所見だけではなく
問診・検査をしっかりと行いますので
初診の場合2時間程かかります。

血圧・体温・患部の熱感・姿勢の評価
脈診・舌診・腹診の他
触診(NTA)へと進んでいきます。

施術はミオラブを使った
筋膜リリースから入ります。


例えば腰痛の場合

下肢のアンバランスがあれば
大腿部から順に下腿へと
リリースしていきます。

ハムストリングスは筋膜の重なりが多くリリースの対象です。
ポイントをミオラブで押さえながら患者様に膝の曲げ伸ばしをしてもらいます。
ふくらはぎの腓腹筋はくっきり分かれているのが理想です。

腓骨筋をリリースすることで足元の不安定さを解消します。
腰部のリリース

筋膜リリースの場合
指圧やマッサージと違い
筋肉を押しつぶすのではなく
袋(筋膜)に入った塊(筋肉)ごと
ゆすられるような感じです。

患部とその関連部位のリリースのあと
慢性化・重症化した部分には
トリガーポイント刺鍼
経絡治療
による刺鍼を行います。

臓腑の調整のためにお腹に刺鍼しています。
レメシスを併用しています。

刺鍼・施灸がお望みでない方は
事前にお伝え下さい。

症状によってはこの手順で
行えないことがあります。

当院は予約制になっております。
お手数ですが事前に
電話・メール・LINEで
ご予約をお願いします。

症状についてのご相談も
受け付けておりますので
ご遠慮無く
お問い合わせください。

*申し訳ありません。
健康保険を取り扱っていません。
料金は実費になります。

 平 日 10:00~20:00 
 土日祝 10:00~17:00 

予約制
不定休(カレンダーをご確認ください)

院長氏名:政岡 史朗

〒5370013
大阪市東成区大今里南1-15-1

詳しいご案内はこちらをクリック

06-7163-7470
MAIL:KEIKETUTARO@HOTMAIL.CO.JP

クリックしてください。
繋がったらメッセージをください。

LINEからのお申込みは初診料がサービスになります。

院長略歴
氏名:政岡史朗 
1964年3月27日生まれ
大阪府立夕陽丘高校卒/横浜国立大学第二部経済学科中退/東京医療専門学校鍼灸科卒/神経伝達調整治療自然治癒力研究会NTAインストラクター/POWERFULL LIFE社認定MCCトレーナー