ツボ は治療点であり反応点 例えば「合谷」

ツボとは

「~に効く ツボ 」という言い方を
よく聞きます。
特効穴とも言います。
そこが悪ければこの ツボ 押しとけば…
というにわか知識も聞かれます。

でも「ツボ(経穴)」は
治療点である前に
反応点です。

気が経絡を流れる。

体には経絡という
気の流れがあります。

中焦と呼ばれる
お腹で始まった
「気」が
上へ上がり
体幹から
手先・頭部・足先へ
行きつ戻りつ
くまなくめぐり
またお腹の中焦へと
戻ります。

経絡には臓腑の名前がついている。

経絡は12ルートあり
体表だけではなく
深くは臓器を
「属し」「絡う」
ことをしているので
それぞれに
「臓腑」
に関した名前がついています。

経絡の一番目は
「肺経」
最終は
「肝経」

気は経絡をめぐり
生命力を推進する
エネルギーであり
各部を守る
バリヤーの役目もします。

ツボを体の調子をうかがう窓として使う

そしてツボ(経穴)は
経絡の所々に開いている
「穴」です。

ツボへ気を
出し入れすることによって
治療することができますが
臓腑の様子をうかがう
「窓」
としても機能しています。

例えば「合谷」
手の親指と人差指の間
水かきのちょっと奥まったところ
人差し指側に押し込んで取ります。

合谷は大腸経という
経絡の原穴です。
大腸の
健康を表しています。

普段から合谷に触れておいて
いつもの状態を知っておきます。

なんとなく調子の悪いとき
合谷が固くなっていたら
大腸の不調です。

直前に何を食べたか?
食べ過ぎなかったか?
というようなことを
思い返してみましょう。

繰り返していると
自分に合わない食べ物
適切な量
が把握できてくるはずです。

効果絶大を謳っている
サプリメントや
健康食品を
よくわからず
摂り続けるよりも

自分で
自分には何がいいのかを
感じ取ることが
健康への最良の方法です。