, 手首

手根管症候群 に手術は必要ありません

大阪市東成区今里にあります鍼灸治療院リーチの
手根管症候群 しゅこんかんしょうこうぐんの考察です。

手根管症候群とは

手根管症候群の症状
母指から薬指の半分にかけて赤い斜線で示されている
手根管症候群でしびれる範囲

手根管症候群は神経症状です。
正中神経が手首の手根管を通る時
締め付けられて起こります。
しびれが人差し指、中指に強く出て
明け方など痛みに感じることもあります。
症状が進むと親指・薬指の半分も
しびれさらに拇指球も痩せて
力が入らなくなります。
内部リンク「手の症状 手根管症候群」

まず手掌てのひら内の循環改善じゅんかんかいぜん

まず
拇指球ぼしきゅう小指球しょうしきゅう
の状態を確認します。

右手首の屈筋支帯付近の解剖図母子球の起始部が黄色 小指球が緑の円で囲まれている

母子球を構成する筋肉群は
屈筋支帯くっきんしたいと言われる
手首上に巻かれた
帯状のものに付着して
始まります。
ゆえに母子球の緊張は
手のひらの反対側の小指球とともに
その下に広がるはずの

手 根 管しゅこんかん

を狭めてしまうことになります。
手根管は手首という細い部分に設けられた
腱、血管、神経の通り道であり
間質液かんしつえきに満ちています。

手首の手根管を円で囲った解剖図

力仕事をする人は
母子球・小指球ともに
過緊張が続き
手根管が狭くなり
手掌がいつも
腫れたようになってる人を
お見かけします。

多くの場合内圧が上がって丸く膨らみ*
その中に筋スパズムを起こした筋繊維が隠れています。
それを見つけ出して
美容鍼用のごく細い鍼を使ってリリースします。

さらに上位のリリースで再発を防ぐ

この時点で症状は改善されますが
さらに肘近くの筋群
リリースすることによって
前腕の内圧を下げます。

円回内筋えんかいないきん正中神経せいちゅうしんけいにかぶさって
尺骨しゃっこつから橈骨とうこつへ渡っています。
手根管症候群とよく似た症状の
回内筋症候群かいないきんしょうこうぐんはこの筋肉の
絞扼こうやくです。

円回内筋解剖図
正中神経が円回内筋によりつぶされている
前腕肘近くの橈骨尺骨をまたぐ回内筋が正中神経を絞扼する断面図

経験からいうと
手根管か回内筋かどちらかではなく
両方患ってる場合が多いです。

手 湯て ゆ

職場などでも身近に
給湯される洗面台があれば
適温のお湯をためて
手だけではなく肘から先を温めてください。
足湯の手バージョンです。
じわ~と体まであたたまるのを感じるとともに
肩こりが楽になります。
手根管症候群・腱鞘炎等
抹消の症状の予防になります。

手術は必要ないと言い切れます。

手根管症候群 に
手術は必要ありません。

やはり鍼です。

手術ほど大げさではなくて
手技よりも深部に届く

それが鍼です。

効率のいい刺鍼法を心得てますので
一度の施術で症状はかなりとれます。
間を詰めて2~3回受診していただければ
その後ほぼ困ることはないと思います。

症状が長引いてお困りでしたら
当院の施術をお試しください。
局所治療一部位料金LEV2で
受け付けております。
  内部リンク「料 金」

このページのまとめ

手根管症候群 に手術は必要ありません
・手根管症候群とは
・まず手掌内の循環改善
 拇指球小指球をリリース
 手根管を開放
・回内筋をリリース
・手 湯のすすめ
・手術は必要ないと言い切れます。

皆様のご来院を
心からお待ちしております。