肘の痛み 内側上顆炎

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
あなたの肘の痛みは野球肘でしょうか?
内側上顆炎 ないそくじょうかえん でしょうか?

野球肘と区別する

肘の内側が痛いことを

内側上顆炎ないそくじょうかえん

といいます。

肘の内側の痛みは
ピッチャーが投球練習のやりすぎで
なるので
「野球肘」
と言われたりしますが
野球肘は症状が進んだ状態
骨棘こつきょくができる
側副靭帯そくふくじんたいが伸びる
して痛みが出ていることであり
鍼灸適応である内側上顆炎とは
ここでは区別します。

筋肉は上腕骨じょうわんこつから始まっている。

内側上顆は正確には
上腕骨内側上顆じょうわんこつないそくじょうか
といい上腕の骨にあります。

そこから手の方へ
指・手首を屈曲させる筋肉が
始まります。

内側上顆から始まる筋肉

痛みは屈筋群くっきんぐん起始部きしぶ

内側上顆炎の痛みは
この屈筋群の炎症から始まります。

骨のでっぱったところが痛くなり
骨の異常のように感じますが
痛みのもとはこの筋肉群の起始部です。

この痛みだけならば
外からの加療で治っていきますが

肘の痛みで困ってる人は
そこを治療しても治らない場合です。

深層にある円回内筋えんかいないきん

さらに深層には
円回内筋があり
回内動作に働きます。

こぶしを前に突き出した回内回外動作

円回内筋は
おもしろい形をしています。
①上腕骨で始まりますが
②いったん尺骨しゃっこつに停止し
 骨間をまたぎ
橈骨とうこつへ停止します。

円回内筋の上腕骨の起始尺骨の停止橈骨の停止

円回内筋の不具合が関節のガタを生む

関節は靭帯で引き付けられていますが
関係する筋肉が引きつけることで
形を保っています。
円回内筋が健康な状態ならば
①と②の間にテンションが掛かり
関節が開かないようになっていますが
不健康なら関節にガタが出たり狭まって
あたることになります。

投げる・振るの動作で
手首を使うと必ず
回内動作もしています。
にもかかわらず深層にあるために
メンテナンスが行き届いていません。
特異な形、作用の方向のため
ストレッチも効果的ではありません。

頻繁に使って痛みが出ている人は
悪化することがあります。
投げることや打つことをやめれば
日常生活ではそれほど不便は
感じないかもしれません
でも競技を長く続けたいなら
治しておくべきです。

鍼ならば
円回内筋へ届かせることができます。
円回内筋を一度リリースすると
肘から先の内圧が下がるため
前腕・手掌が楽になります。

このページのまとめ

・内側上顆炎と野球肘は区別する
・手の筋肉は上腕骨から始まっている。
・痛みは屈筋群の起始部
・深層にある円回内筋
・円回内筋の不具合が関節のガタを生む
・重症化する前にリリースすることが必要

皆様のご来院を
心からお待ちしております。