美容鍼

ほうれい線 の原因は「愛想笑い」

大阪市 東成 区今里にあります鍼灸治療院リーチです。
ほうれい線 について筋膜リリース的に考察してみました。

一番気になるほうれい線

リーチでも美容鍼の問診で
一番に取り上げられる項目です。

鼻の横から口もとへのびるしわ

気にしたことなどなかったのに
いつのまにか溝が深くなり目立ち始めます。

なぜ一番警戒されるのでしょう?

どんなに可愛らしく振る舞っても
ふてぶてしく見られたり
老けて見られるからでしょうね。

ほっぺをつまむと持ち上がる肉

頬を指でつまむと持ち上がる部分は筋肉ではありません。
皮膚と皮下脂肪です。
そして分厚く感じても気にすることはないです。
お腹をつまんだときと同じようなものです。
皮下脂肪の場合も顔ではすぐ落ちますので
極端に太ってなければ厚みをそれほど気にすることはありません。

でもここがたるんでいると気になります。
美顔ローラーをせっせとかけたりします。
刺激になって代謝アップで多少の効果はあるかも知れませんが…
どうなんでしょう?

ほっぺをつまんだ部分は筋肉ではないのです!
お腹をつまんだ時と同じものだとすると
運動不足の人は分厚く動かしてる人は薄いはずです。

お腹の場合少々皮下脂肪が付いていても
腹筋を鍛えている人は形は整っています。

お顔の場合もポイントはそこです。
筋肉の位置 動きを正しく捉えて修正する。
闇雲にローラーを表面だけにかけてもそれは不可能です。

表情筋は「皮筋」です。

表情筋は皮膚の内側についてその部分を引っ張ることによって表情を作ります。

筋肉と交差するようにシワは走る!

そのため表面に見えるシワとほぼ垂直に筋肉は走っています。
こうかんがえるとわかりやすいですね。

表情筋の模式図

青いラインをほうれい線とします。

作っている筋肉は

A.上唇挙筋 B.小頬骨筋 C.大頬骨筋 D.笑筋

の4つです。

「愛想笑い」は笑筋をよく使います

「愛想笑い」 
生きていくうえで生活していく上で必要です。

ただあまりしすぎるとほうれい線を発達させてしまう原因になるのです。

営業スマイルが日常の方などは家に帰ってからも表情が固まって頬が上に上がったままなんてこともあるのではないでしょうか?
それは気のせいではないのです。

特に笑筋は笑顔を横に広げ固まってしまいます。

ひとりでいるときとかたまには大口開けて笑いましょう。
縦に口を開けることはほうれい線の予防になります。

こういう場合は筋膜のリリースが有効なのは他の運動器の筋肉と同じです。

リーチの美容鍼は4つの表情筋を確実にねらいます。

このページに書いてあること

・ほうれい線が気になるのは老けて見られるから
・ほっぺをつまんだ肉は筋肉ではない
・表情筋は皮筋
・引っ張られて谷間になったところがシワ
・筋肉は表面に見えるシワと交差するように走る。
・愛想笑いはほうれい線を作る。
・縦に口を開けることはほうれい線の予防になる。
・笑い顔が固まってしまったら筋膜リリースが効果的

皆様のご来院を
心からお待ちしております。