筋肉

筋膜リリースから見た 筋肉の浅層深層の関係

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
筋肉の浅層深層の関係 について
筋膜リリースから見た考察です。

筋肉は筋膜に包まれ
層になって重なっています。
同じような筋肉が同じ方向に重なっているのではなく
筋肉が収縮して作り出す力が効率よく伝わるような構造になっています。

1.深層は単関節筋

骨に近い
深層の筋肉は
単関節筋で
起始部は腱を介さず
広い範囲に骨に
ベッタリとついています。
インナーマッスルと呼ばれ
大事な関節には数種類あり
関節の角度の微調整に働きます。
関節の角度を決めるとは
全身で見ると
姿勢を決めることです。

深層筋

2.浅層は多関節筋

皮膚のすぐ下の
浅層の筋肉は
二関節以上にまたがる長く
大きな力を出す筋肉です。

深層筋と浅層筋の伸展時
伸展時

3.深層筋は盛り上がる

神経の信号によって収縮すると
深層筋は盛り上がり
浅層筋を上へ突き上げ
ストロークを与え力を出しやすくします。

このモデルは
遠位の関節が屈曲する場合です。

深層筋と浅層筋の屈曲時
屈曲時

地べたに転がった棒状のものを
横方向に力を加えても
起き上がりにくいですが
あいだに山があり
その頂点を介して
ロープを引っ張れば
斜め上にベクトルが働き
起き上がりやすくなります。

筋肉では
力はロープ自体が縮むことなので
ロープの全体の長さを使ったほうが
最大の力が出せます。
山の頂点を使うことで
ロープの長さ全体が使えます。
この山が深層筋にあたります。

4.膜の圧着がおこる場所

突き上げられて重なる部分や
浅層筋に抑えられている
深層筋の付着部は
ファシアが圧着しやすい場所です。

5.深層と浅層の関係があるところ

実際の身体で
一番わかりやすい例は

「腕の力こぶ」

です。

肘を屈曲すると
上腕にこぶができます。
このこぶは
上腕二頭筋の深層にある
上腕筋の盛りあがりです。

他にも
大腿直筋と中間広筋
・腓腹筋とヒラメ筋
・大腿二頭筋長頭と短頭
・半腱様筋と半膜様筋
・腸脛靭帯と外側広筋
長腓骨筋と短腓骨筋
などがあります。

鍼灸治療院リーチでは
こうしたポイントをとらえながら
ミオラブとはり きゅうで
筋膜リリースを行っていきます。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2.初診料・特別な材料費がかからなければ一回の施術で5500円を超えることはありません。(税別)
3.脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
4.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
5. お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
6.筋膜リリース・トリガーポイント鍼・頭蓋仙骨療法いずれの方法も症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
7.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
8.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

1 thought on “筋膜リリースから見た 筋肉の浅層深層の関係”

コメントは受け付けていません。