筋肉

大腿直筋

大阪市東成区今里にあります鍼灸治療院リーチです。
大腿直筋 についての考察です。

どこにあるの?太ももの前の方

大腿四頭筋は
人体で一番大きな筋肉と言われますが
四頭とあるように四つの筋肉で
構成されています。
そのうちの一つが大腿直筋
他の三つの広筋が大腿骨上から始まる
単関節筋であるのに対して
骨盤の下前腸骨棘から始まり
膝蓋骨に停止する二関節筋です。

各4筋で働きが違ってきます。
大腿四頭筋という大きな筋肉として
扱うのではなく
それぞれを別の筋肉として
見なければいけません。

特に中間広筋
大腿直筋の真下にある単関節筋
筋膜が重なり合う
リリースポイントとなります。

リンク:筋肉の浅層深層の関係

どんな動き? 股関節の屈曲と膝を伸ばす

股関節を屈曲させます。
腿を前に上げる動作です。
しかしこれだけでは
力を出し切っていません。
膝を伸展させてストロークをすべて
使い切ることになります。

サッカーボールを
強く遠くに蹴るとき
一番活躍します。

拮抗筋は? ハムストリングスだけ?

逆の動きをする作用筋は
ハムストリングスと呼ばれる
大腿二頭筋・半腱半膜様筋
膝関節を屈曲する
下腿三頭筋など
脚の後面の筋肉になります。

前面と後面の筋肉差も
腰痛の原因です。

腰痛の原因の一つ

仰向きに寝て
腰と床面のあいだに
手のひらがすっぽり入ると
反り腰の可能性があります。
膝裏と床にも隙間があるようなら
太ももの重みが大腰筋などの筋膜を介して
腰を引っ張り痛みを誘発します。

生活するに困らない
差し迫った痛みがなくとも
仰向けに寝られないということは
良好ではありません。
大腰筋まで含めたケアを必要とします。

初期の膝痛・腰痛の原因になる

長く大きな筋肉ですから
疲労で偏ると影響が出ます。
膝の痛みもその一つで
・山登りをした 
・階段の上り下りが多かった
・慣れないスクワットをした
などの後の膝痛なら
大腿四頭筋が過緊張で短縮し
膝関節を窮屈にしているのが原因です。

また
緊張に左右差があると骨盤を傾けて
姿勢に影響が出て
腰痛の原因になります。

大腿直筋は浅層の筋肉なので
ストレッチで伸ばしてあげると
改善するかもしれません。

LINK:「大腿四頭筋のストレッチの効果」

立位での大腿直筋ストレッチ

ジョギング中など簡単に済ませたいのなら
この程度でも効果はあります。

これだけできれば
股関節も伸展できています。

ストレッチでよくならなければ
当院へお越しください。

原因が浅層の筋肉なら
施術も軽くて済みます。

このページに書いてあること
大腿直筋は
1.太もも前面にあり浅層の二関節筋。
2.作用は股関節の屈曲と膝の伸展。
3.拮抗筋はハムストリングス・下腿三頭筋。
4.腰痛の原因にもなる。
5.膝痛の原因にもなる。

皆様のご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

皆様のご来院を
心からお待ちしております