筋肉

長腓骨筋

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
長腓骨筋ちょうひこつきん について
筋膜リリース的考察です。

どこにあるの?
 スネの外側にあります。

下腿ひざからあしくびの外側にあります。
膝下の外側の出っ張り(腓骨頭)の下から始まり
骨間膜や腓骨の外側面に付着し
外踝そとくるぶしの後ろを通って
土踏まずを横切り
楔状骨けつじょうこつ第一趾中足骨あしのおやゆびのねもとのほねに停止します。

青竹踏み運動はこの
停止部を刺激します。

単関節筋で浅層にあり
短腓骨筋を深層に従える
長く強力な筋です。

どんな動きをするの?足関節の底屈と外反です。

第一趾あしのおやゆびの根本に
停止しているので
その長いストロークで強力に
第一趾を下方に向ける
足の底屈ていくつ に作用する筋肉の一つです。

その腱は足の外側を通るので
短腓骨筋と協力して
足首を外反します。

拮抗筋は?

バレリーナのつま先立ちは
底屈の拮抗筋である長母趾伸筋
長母趾屈筋と長腓骨筋が
同時に収縮して固められます。

足首外反の拮抗筋は
後脛骨筋前脛骨筋です。
このふたつを緩めてあげると
長腓骨筋がフリーになり
足首が楽になることもあります。

ストレッチ効果は期待できない

浅層の長い筋肉ですが
起始の部分は
骨間膜と腓骨の上部2/3にまたがり
ストレッチでは伸ばしにくい筋肉です。

捻挫の後遺などで
足首が内反していると
伸ばされた状態で
外側に倒れようとする体を支え
常に緊張を強いられます。

長腓骨筋が疲労し
固く縮んでしまうと
停止部の第一趾中足骨が引っ張られ
凹足ハイアーチ の原因のひとつになります。

このページに書いてあること
長腓骨筋は
1.下腿外側にある浅層の長い筋肉
2.作用は第一趾底屈と足首外反
3.拮抗筋は長母趾伸筋を後脛骨筋・前脛骨筋
4.内反足になると疲弊しやすい
中足骨を引っ張り凹足の原因になる。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

リーチの電話はここをタップ 

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております