筋肉

筋肉について覚えておくといいこと

筋膜

筋肉は筋膜で包まれています。
筋膜は他との境目であり
筋膜同士のつながりで
力学的な連携をすることもあります。

筋肉は骨で始まり
腱を介して骨に付着します。

同じような結合組織でも骨と骨を結ぶものは靭帯と呼ばれます。

拮抗筋

ある筋肉の運動方向に対して
反対の方向に作用する筋肉を
拮抗筋といいます。
  例)「屈曲」⇔「伸展」
「大腿四頭筋」⇔「ハムストリングス」
拮抗筋の短縮は抵抗になります。
患部だけでなく拮抗筋を診ることは大事です。

拮抗筋の関係にある筋肉が
同時に収縮すると
周囲の間質液をゲル化し
固めてしまいます。

長いほうが強い 

同じ断面積なら長いほうが強力です。
身長が高いピッチャーが
速いボールを期待されるのは
そのためです。
同じ長さなら太いほうが強い
とも言えますが
太さには繊維ではなく
間質が含まれている場合もあるので
一概には言えません。

プレストレッチ:スポーツのフォームには筋肉がより強さを発揮するために充分に引き伸ばされるような動作が含まれます。

起始部 

筋肉の両端の骨との付着部のうち
 その関節が動作するとき
あまり動かない方をいいます。
より体の中心に近い場合が多いです。

停止部

筋肉の両端の骨との付着部のうち
その関節が動作するとき 
より大きく動く方を言います。

起始部・停止部が集まっているところは筋膜も重なりあうリリースポイントとなります。

単関節筋

深層にある。
関節の向きを決め
身体全体では姿勢を制御する。
局所的に一番大きな動脈が隣接している。
起始部は骨に広い面積で付着している。

ストレッチでは伸ばしにくい筋肉です。

二・多関節筋

表層にある。
2つ以上の関節にまたがり
より長く大きな力を発揮する。

トレーニングによる負荷がかけやすくストレッチの効果もえられやすい筋肉です。

内在筋・外在筋

手や足の中で
起始・停止が
収まっている筋肉を
内在筋 といいます。
本体が上腕や下腿にあり
腱が指先に伸びている筋肉を
外在筋といいます。

長さを有している分 外在筋のほうが力があります。

筋スパズム

筋スパズムを起こした1本の筋繊維のために
その筋肉全体が
可動域を制限されることがある。

筋肉は血流に関係している

筋肉は隣接した血管の血流に
関係している。
固く動かない筋肉の周りは
血流量が減る。

さらにはそのことが原因で酸素の供給量が減ると神経の異常興奮をまねき神経痛の原因となります。

伸ばされた筋肉は弱い

筋肉は収縮した状態のほうが力を発揮する。
例えば手で物を持ち上げようとする時遠くのものより近くのもののほうが楽に持ち上げられる。
同じ重さのものを持って肘を曲げた状態と伸ばした状態なら曲げた状態のほうが長く持っていられる。

これはどの筋肉にも言えることで姿勢が悪く背中が丸まっていると背中の広い範囲を覆っている僧帽筋や広背筋はその丸みに合わせて引き伸ばされたまま仕事をさせられ疲労しやすく肩こりや腰痛に繋がります。

皆様のご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

あなたのご来院を
心からお待ちしております

LINEでのお問い合わせはこちら

LINEで問い合わせてみるアイコン
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームに移動します

もちろん
電話でも受付してます。
時間外も24時間留守電対応
かならず折り返しの電話番号をお願いします。
06-7163-7470 ←スマホならここをタップ

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※このページに記載の連絡先は患者様のご予約・お問い合わせ専用です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

周辺地図
地図のページへのリンク
周辺コインパーキングの案内もこちら

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております