骨格

股関節 を骨格的に見る

大阪市東成区大今里南にあります
鍼灸治療院リーチです。
股関節 の骨格的な考察です。

股関節は球関節

股関節は球関節で
骨盤に設けられた
臼状(寛骨臼)の中に
大腿骨の先の球がはまり込み
関節唇・靭帯でかためられた
強力な関節です。

運動方向は前に向けてのほうが自由度は大きい

股関節は
屈曲 伸展 外転 内転 外旋 内旋
することができます。
膝関節と二関節筋を共有するため
膝関節の屈曲が可動範囲に影響します。

寛骨臼は前方へ向けて開いているため
前に向けての自由度が大きくなります。

頚体角

大腿骨は
本体である大腿骨の縦軸から
大腿骨頚が斜めに出て
その先に関節球である
大腿骨頭が付きます。

縦軸と大腿骨頚の軸の
なす角度を
「頚体角」
といいます。

頚体角は
成人で120~130度
幼少期はそれ以上あり
加齢により浅くなっていきます。

前捻角

大腿骨頚は前方へも角度を持ちます。
大腿骨体との角度を
「前捻角」
といいます。
成人の場合15°ぐらいが正常であり
加齢により角度が深く大きくなります。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております