筋肉

上腕二頭筋

大阪市東成区 今里 にあります鍼灸治療院リーチです。
上腕二頭筋 について筋膜リリース的考察です。

どこにあるの?
上腕の前側にあります。

上腕二頭筋

上腕骨(肩関節から肘関節まで)の
前側についています。
肘を曲げた時力こぶになる部分が筋腹で
長頭と短頭の二頭からなります。

二関節筋
二頭とも肩関節を越え
短頭は肩甲骨の烏口突起
長頭はその付け根あたりを
起始部とします。

烏口突起につく上腕二頭筋

二頭は合流し一つの腱になり
肘関節を超え
橈骨粗面及び上腕二頭筋腱膜
停止部とします。

肘に近い深層には単関節筋の上腕筋があり
肘関節の屈曲をより強力なものにしています。

上腕筋

どんな動きをするの?
肩関節 肘関節の屈曲と前腕の回外です。

二関節筋ですから
肩関節肘関節の動きに関わります。

肩関節の動きは屈曲です。

肘関節では屈曲に関して
橈骨粗面に停止した腱でささえ
上腕筋とともに強力な力を出します。

また肘関節から先の前腕内側に位置する
上腕二頭筋腱膜への作用により
前腕を回外させます。

拮抗筋は?上腕三頭筋

肩関節も肘関節も
屈曲に対して伸展する
拮抗筋は上腕三頭筋になります。

上腕三頭筋

ボールを投げる
バットを振る
などの動作の時
物理的な動きの基本は
手に持ったものを
体の中心に近い方から遠い方へ
離していくことになります。

このときの肘の動作は伸展で
上腕三頭筋の働きですが
伸びきる前に肘の動きを止めるために
上腕二頭筋 が働きます。
止めることのほうがより強い負荷がかかります。

腕を肩に引きつける役目もあります。

肩関節は球関節ですが
その凹側は浅く周りの腱と筋肉で
球体の上腕骨頭を肩甲骨の関節窩へ
引きつけています。
腱板がその中心的役割ですが
上腕二頭筋 と三頭筋にも
その役割があります。

この二つが病的に緊張し拘縮すると
肩関節のクリアランスが狭くなり
動きが悪くなります。

肩の痛み始めは上腕二頭筋の起始部です。

上腕二頭筋の起始部は三角筋に覆われ
領域では「肩」に含まれます。
そこを痛めても
「腕がおかしい」
とはならず
「肩がおかしい」
と思ってしまいます。

この勘違いが五十肩の初期症状から
重症化させてしまう原因だと
私は考えています。

肩が痛いと思うことで
腕をぐるぐる回したり
自己流のストレッチをしたりで
こじらせてしまいます。

上腕二頭筋が正常かどうかの検査

上腕二頭筋 が正常な状態とは
肘が伸び切っていることで確認できます。

しかし二関節筋なので
肩関節屈曲時に肘だけが伸びていても
確認にはなりません。

一つのやり方としては
うつ伏せに寝て腕を下方に伸ばし
手のひらをベッド面に広げた時
肘が浮く場合は
過緊張で短縮していることになります。

上腕二頭筋の拘縮は
五十肩 肘の症状 手首の症状などにも
関わってきますので大事な検査です。


このページに書いてあること
上腕二頭筋は
1.上腕前面にあり肩関節と肘関節にまたがる二関節筋
2.作用は屈曲と前腕の回外
3.拮抗筋は上腕三頭筋でともに腕を肩にひきつけておく役目もある
4.肩の痛みは上腕二頭筋の起始部から始まる。
5.肘が伸びるかどうかは常に気にしておくべき

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちら
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこちら

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております