筋肉

外側翼突筋

大阪市東成区 今里 にあります鍼灸治療院リーチです。
外側翼突筋 について筋膜リリース的考察です。

どこにあるの?
頬骨の内側にあります。

頭蓋の中ほど左右にある頬骨は
ブリッジ状になっています。
頭頂に近い広い範囲を起始とする側頭筋が
そのブリッジをくぐり下顎骨したあごのほねに停止しますが
さらにその下をこめかみ辺りに始まり
下顎骨 の関節突起内側に停止する
外側翼突筋上頭がいそくよくとつきんじょうとうがあります。

「こめかみ」の部分は
蝶形骨ちょうけいこつの両翼にあたります。
蝶形骨は蝶の形をした一枚の骨で
頭蓋底を構成するひとつでもあり
内側には脳下垂体を収める窪みを持ちます。

頭蓋仙骨治療では蝶形骨を動かして
バランスを保つことをひとつの目的としています。

どんな動きをするの?
下顎骨を前方へ引き出します。

顎関節に関わりますが
咀嚼の主動筋は側頭筋・咬筋であり
外側翼突筋は下顎骨を前方へ引き出します。

志村けんさんのアイ~ンの動きです。

歯のかみ合わせ方の微調整やすりつぶす動きに
必要な筋肉です。

拮抗筋は?

反対の作用の筋肉はありませんが
左右が協力して働くはずなので
力のアンバランスや片方の拘縮があれば
下顎骨の位置や動きが損なわれます。
また起始部の蝶形骨は頭蓋の中心にあたり
頭蓋の組み合わせのアンバランスも
引き起こされます。

協力筋は内側翼突筋です。
内側翼突筋も蝶形骨を起始とします。

実は頭痛の原因のひとつ

こめかみが痛い頭痛の原因はここにあります。
わかりやすい例は
ガムを噛みすぎるて
こめかみ部分が痛くなるのは
外側翼突筋が過緊張するからです。
側頭筋や咬筋も過緊張しますが
外側にあるので触れやすく解消できます。
あとに残る痛みは外側翼突筋が原因です。

※緊張型頭痛の原因は表面にあります。

歯ぎしりの原因

人の歯は上下が触れ合うと
噛みしめる反射があります。
外側翼突筋が過緊張で拘縮していると
寝ていても歯が接触する機会が増え
歯ぎしり・くいしばりが発生します。
朝起きて首が痛い・こめかみが痛い
という方はご相談ください。
外側翼突筋をリリースすることで改善できます。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちら
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこちら

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

周辺地図

地図・道順のページ

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております