症状

大腿二頭筋

大阪市東成区今里にあります鍼灸治療院リーチです。
大腿二頭筋 についての考察です。

どこにあるの?

大腿二頭筋

大腿二頭筋は太ももの裏側にあります。
半健半膜様筋とともに
「ハムストリングス」
とも呼ばれます。

長頭と単頭があり
長頭は坐骨結節から始まり
股関節・膝関節にまたがる二関節筋で
短頭は大腿骨後面の粗線から始まる
単関節筋です。
短頭・長頭は浅層深層の関係になります。

両方とも腓骨頭の外側に停止します。
膝裏の外側のピンと張った部分が長頭の腱にあたります。

どんな動き?

股関節伸展

馬のお尻の写真

長頭は股関節を伸展させます。
後ろに蹴り上げる動作です。
半腱半膜様筋とともに作用します。

馬のお尻は大殿筋ではなく大腿二頭筋です。

膝関節屈曲

膝関節を屈曲させます。
半腱半膜様筋と作用します。

膝関節伸展の維持

膝関節が進展しきったとき
腓腹筋と交差し伸展状態を維持する
機械的構造をしています。

「アナトミートレイン 」より出典

下腿の外旋

下腿を外旋させます。
つま先を外側へ向けさせます。

拮抗筋は

拮抗筋は股関節・膝関節ともに大腿前面の大腿四頭筋です。

拮抗筋の大腿前面につく大腿四頭筋
外側広筋は省いてあります。

関係する疾患

肉離れ

サッカーなどでボールを蹴ると
大腿四頭筋が前へ送り出した脚を
ハムストリングで止めます。
全力で蹴ると止める衝撃も増すので
その衝撃を受けた大腿二頭筋が断裂を起こします。

坐骨神経痛

長頭は
坐骨神経を覆い隠すように
ついています。
短頭と重なる部分は
脛骨神経と腓骨神経の分かれ目で
坐骨神経痛 下腿の神経痛にかかわっています。

慢性腰痛の原因の一つ

日常生活であまり使えていない筋肉です。
歩幅を大きくとって歩く
ジムでマシンを使ってのレッグカール
など意識をしないと鍛えられません。

使えずにいると
半腱半膜様筋や内転筋群とともに固くなり
床に足を投げ出して座ると
膝が伸びない 股が開かない
状態になります。

痛みは出ていないが重い腰
慢性的にだるい感じのする腰は
ここに原因があり股関節のリリースが必要です。


あなたのご来院を
心からお待ちしております

LINEでのお問い合わせはこちら

LINEで問い合わせてみるアイコン
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームに移動します

もちろん
電話でも受付してます。
時間外も24時間留守電対応
かならず折り返しの電話番号をお願いします。
06-7163-7470 ←スマホならここをタップ

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※このページに記載の連絡先は患者様のご予約・お問い合わせ専用です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

周辺地図
地図のページへのリンク
周辺コインパーキングの案内もこちら

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております