症状

大殿筋

大阪市東成区 今里 にあります鍼灸治療院リーチです。
「大殿筋」について筋膜リリース的考察です。

どこにあるの?お尻です。

お尻の一番大きな筋肉です。
小殿筋や中殿筋よりも大きく最も表面にあります。

大殿筋はお尻の筋肉で一番大きく最も表面にあります。

起始・停止は?

大殿筋の起始部は
腸骨稜ちょうこつりょう後端の上後腸骨棘じょうごちょうこつきょくから仙骨・尾骨までまたがり

大殿筋は上後腸骨棘 仙骨 尾骨に起始部があります。


上部線維は腸脛靭帯ちょうけいじんたい

大殿筋と腸脛靭帯を右から見ると

下部線維は大腿骨の殿筋粗面に停止します。

大殿筋の上部線維は腸脛靭帯へ下部線維の停止は大腿骨殿筋粗面です。
大殿筋の停止部

どんな動きをするの?

外転

上部線維は腸脛靭帯に停止し股関節外転に作用します。

背面から見た股関節外転のイラスト
股関節外転

左右に揺れた体を股関節外転作用でもとに戻そうとします

ふんばって重いものを持ち上げるときなど脚をひきつけ上体と下体を安定させます。

伸展

歩く・走る時には股関節を伸展させ強力な推進力を出します。

床面に置かれた物を持ち上げるとき股関節屈曲状態から大臀筋が作用して伸展します。

外旋

股関節を外旋させます。立位では膝頭・つま先が外を向きます。

外転・伸展・外旋のすべてを使って体を安定させます。

椅子に座るときも座面に抗するため緊張と弛緩を繰り返します。デスクワーク等で座る時間が長くなると大殿筋が緊張し外旋状態が普通になります。

股関節外旋位で膝を開いている

拮抗筋は?

外転には内転筋群
伸展には大腿四頭筋と
強力な拮抗筋がありますが
外旋にはほとんど抗する筋肉がありません。

症状

O脚

大殿筋が緊張し続けることによって外旋位が続きO脚の原因になります。

腰痛

筋膜は腸骨稜を超えて仙骨上の脊柱起立筋に連なるため腰痛の原因にもなります。

腸骨稜のような凸状の部分を乗り越える筋膜のリリースにはミオラブが適しています。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

LINEで問い合わせてみるアイコン

もちろん
電話でも受付してます。
時間外も留守電対応
お名前とご用件を
録音してください。
最短で折り返します。
スマホなら下の
☎0671637470をタップ!👇

※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※このページに記載の連絡先は患者様のご予約・お問い合わせ専用です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

周辺地図
地図のページへのリンク
周辺コインパーキングの案内もこちら

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております