上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

大阪市東成区 今里 にあります
鍼灸治療院リーチです。
肘の痛み「外側上顆炎(テニス肘) 」 についての
筋膜リリース 的考察です。

※ここに書かれていることは目安です。受傷した心当たりがある場合などは医師の診断が必要です。

   

リーチの筋膜リリースは
今まで手つかずだった深層の原因筋にアプローチし
あなたの症状を抑えます。

肘の外側の痛みは外側上顆炎です。

肘の外側に痛みがあると上腕骨外側上顆炎の可能性があります。

・ドアノブを回す
・マグカップを持つ
・辞書などをつまみ上げる
で痛みが出ます。

テニスのバックハンドが原因になることが多いのでテニス肘とも言われます。

外側上顆は上腕骨にあります。

外側上顆 内側上顆の骨上での一を示した図

解剖学的肢位 では手のひらを前に向け直立した姿勢を基本にします。手・腕の場合 親指側が「外側」になります。
※参考内側上顆炎

 

伸筋群の深層にあるのは回外筋です。

外側上顆からは浅層を指まで伸びる多関節筋の伸筋群が深層を回外筋が起始します。

深層の回外筋をリリースする

当院ではまず
肘頭についている上腕三頭筋
外側上顆から始まる伸筋群
ミオラブでリリースします。

これで患部周辺がほぐれるので
そのあと深層の回外筋を
鍼でリリースします。

回外筋は関節を安定させるためにも働いている。

回外筋は外側上顆から始まり肘関節を尺骨にまたがって起始し橈骨で停止します。


肘関節にも靭帯はありますが屈曲・伸展・回外・回内と自由な動きをさせるため自由度が高く その分回外筋と円回内筋で関節を引きつける役を担っています。この2つの筋肉が正常に働いていないと関節の動揺が始まります。

テニス肘 はちょっと重症です。

テニスに限らずスポーツで痛めた外側上顆炎はちょっと重症です。
それなりに重い負荷・衝撃を受けていると思われます。

お仕事で肘をよく使う方も同じです。
運送業や倉庫管理での荷物の積み下ろし 建設現場等での作業など
肘を酷使する場面はいくらでもあります。

テニスのバックハンドでは

テニスのバックハンドでは
相手のボールに差し込まれて
肘が曲がったままで対応すると
上腕三頭筋は伸ばされたまま
伸筋群・回外筋とともに衝撃を強く受けます。

さらに
前方へ送り出す動作をします。
より強く相手に返したいからです。

ラケットを送り出す動作は
曲げた肘を伸ばしていく
上腕三頭筋 の動作です。

肘の疾患の始まりは上腕三頭筋です。

LINK:「肘の痛み上腕三頭筋炎」

そして送り出されたラケットは
肘の屈筋である
上腕二頭筋・上腕筋
で止められます。
これも大きな力を必要とする
筋肉に負担のかかることです。

フォアハンドでも打つので
おそらく内側上顆にも症状が出てきます。

関節の動揺が激しくなると悪化するので
早めの処置が懸命です。

保存的治療ではどうするか

整形外科や整骨院の保存的治療では患部に電療などを当てテーピングやエルボーベルトをして安静にすることを勧められます。
それだけで治るかというと日常生活では痛みはおさまっていますがちょっとした負荷で痛みがぶり返す テニスをするときはエルボーベルトが手放せないなど慢性化してしまいます。

料 金

一部位料金Level2~です。料金表参照 アイシングが必要な場合+550円です。

テニスのバックハンドの写真

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちら
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこちら

リーチの電話はここをタップ 

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

今里の周辺地図
周辺地図
チズノページヘノリンク
周辺コインパーキングの案内もこちらで

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております