ベーカー嚢腫

大阪市東成区今里の鍼灸治療院リーチです。
ベーカー嚢腫 についての考察です。

※ここに書かれていることは目安です。
確定には医師の診断が必要です。

 

リーチの筋膜リリースは
今まで手つかずだった

深層の原因筋にアプローチし
あなたの症状を抑えます。

膝裏のふくらみはベーカー嚢腫

膝裏にできるけっこう大きなふくらみは
「ベーカー嚢腫のうしゅ
が考えられます。

※似た症状に「深部静脈血栓症」があります。区別するためには医師の診断が必要です。

片側性ですが発症時期をずらして両側にできる場合もあります。いつの間にか小さいのが反対側にも!ということがあります。

膝関節に炎症が起こり増えた滑液*が 関節腔から滑液包へ流れ込むためといわれています。

一般的な治療は穿刺と摘出

病院では
・穿刺して内部の液を出す。
・手術して嚢胞ごと取り出す
という処置が一般的です。

でもこれは結果の除去であって
原因となる「膝関節の不具合」を
治しているわけではありません。

膝関節のリリースが必要

改善させるには
膝関節のリリースが必要です。

ベーカー嚢腫 は膝の故障の始まり

ベーカー嚢腫ができていても
痛みを回避できることも多く
「できものができたのかな?」
ぐらいで関節の不具合とは
受け取りにくい場合があります。
変形性膝関節症のような鋭い痛みがない分
危機を感じにくいといえます。

しかしベーカー嚢腫があるということは
膝関節が壊れる一歩を確実に進んでいます。

この状態から逃れないと改善されません。

数ある滑液包の中でも嚢腫になるものは決まっています!

なぜ滑液包が膨らむのか?

嚢腫になってしまう滑液包は
関節腔と交通し滑液の供給を受けています。
関節の中で炎症が起こり
滑液の分泌量が増えると言われてます。
しかし
他の膝関節の障害に見られるような
関節内の貯水や鋭い痛みはありません。
ベーカー嚢腫のでき始めには膝関節は
それほど壊れていない
のではと想像できます。

それよりも
膝の上下の筋肉が拘縮こうしゅくして固くなっています。
これは関節腔が狭くなり故障が起こる前兆です。

ベーカー嚢腫ができるということは
膝関節の疾患を知るサインでもあり
見つけた時点で膝のケアを始めれば
壊れないように手を打つことができます。

ベーカー嚢腫になる人は反張膝

反張膝の人がベーカー嚢腫を作ります。
反張膝とは膝関節が180°以上伸展することです。


後ろに突き出た大腿骨内側果が
反張膝のためにさらに後ろに出て
滑液包が半腱半膜様筋と腓腹筋内側頭の
腱に挟まれて関節腔との交通を遮断され
戻れなくなった滑液で膨らんでくる。
これがベーカー嚢腫の正体です。

半腱半膜様筋を診る

最初に注目すべきは
半腱半膜様筋腓腹筋内側頭
です。

この二筋は膝が最も伸展した時
クロスして重なり合い
伸展状態を維持するような機械的構造になっています。

「アナトミートレイン」より出典

反張膝の場合この構造のために
さらに深く頑丈に二筋が絡み合い
筋膜が張り付いています。

この状態を解除します。

股関節からリリースする

膝窩では半腱半膜様筋と腓腹筋を
引き離すようにリリースしますが
半腱半膜様筋は股関節側からも
リリースが必要です。
みなさんお尻から腿裏ももうらにかけての違和感
痛みを訴えます。

反張膝に加えてかかと荷重で浮き指です。
変な脚の使い方が癖になっていて
このことを直さないと後々膝を壊します。

運動療法

ベーカー嚢腫を消退させるには
運動療法が必要ですが
「患部が膝だから膝」ではなく
大腿の後面の筋肉を意識した
股関節を使うトレーニングが効果的です。

嚢腫を消退させるのは
時間がかかりますが必ず治ります。
むしろ膝関節を正常化する
指標と捉えられます。

料 金

一部位料金Level4です。 一部位料金表参照

 

あなたのご来院を
心からお待ちしております

LINEでのお問い合わせはこちら

LINEで問い合わせてみるアイコン
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームに移動します

もちろん
電話でも受付してます。
時間外も24時間留守電対応
かならず折り返しの電話番号をお願いします。
06-7163-7470 ←スマホならここをタップ

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※このページに記載の連絡先は患者様のご予約・お問い合わせ専用です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

周辺地図
地図のページへのリンク
周辺コインパーキングの案内もこちら

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております