CM関節症

大阪市東成区大今里南にあります
鍼灸治療院リーチです。
CM関節症についての考察です。

※診断には医師の受診が必要です。

もくじ

親指の亜脱臼と過伸展

CM関節症とは、
物を掴む動作で
拇指(親指)に力がかかり、
親指の付け根(CM関節)が
亜脱臼を起こし
さらにその先のMP関節が
過伸展を起こす症状です。

CM関節症の患部であるCM関節MP関節

真面目な女性に好発

更年期以降の女性に多く
加齢による変形と
見ることもできますが

働き者の女性たちのイラスト

発症する人は真面目で働き者の方が
多いように思います。

親指に力が入らず瓶の蓋が開けられなくなるなど生活に支障をきたします。

瓶の蓋が開けられない女性のイラスト

母指内転筋と伸筋の綱引き

非力な人が無理な作業を継続するために
力を入れ続けることで 親指を固定します。

その緊張の持続が
母指内転筋と母指球の筋群・伸筋群の
綱引き状態を作り出し関節に負担をかけます。

筋緊張のリリースなら
鍼が効果的です。

母指内転筋は拇指と示指の間の
水かきをかたち作る筋肉です。
中指の骨から始まります。
手のひらの中奥深くです。
そこまで筋肉が縮まってるのです。

母指内転筋掌側

鍼ならそこまで届かせて
リリースすることができます。

手のひらは痛点が多く痛みを感じやすいところですが
長年の経験で患者様が受けやすいように工夫して刺鍼することができます。

保存的治療の先には手術しか無い

湿布やサポーターで
保存的治療を続けていても
完治は無理です。
時間が経って重症化すると
ワイヤーで固定する
手術が必要になります。
それをしても元通りにはなりません。
早めの対応が必要です。

はりきゅう筋膜リリースが効きます。

あなたのご来院を
心からお待ちしております