糖尿病 は血管の病気です

大阪市東成区大今里南にあります
鍼灸治療院リーチです。
糖尿病の足のしびれについての考察です。

左右の足が同じようにしびれる

足に出る症状で
「しびれ」の場合
まず片方だけか左右両方か?
を確認しましょう。
両足ともがしびれている
さらに甲まで全体がしびれる場合は

糖尿病

が疑われます。

内科的な検査を受けていない方は
一度調べてもらいましょう。

糖尿病は血管の病気です。

糖尿病は血管の病気です。
血管が糖尿病のために損傷を受けて
神経に栄養が行き渡らないために
しびれが発生します。
血管の損傷は心臓から一番遠いところに
いち早くその症状が現れます。

しびれとも言えないようなもや~とした
感覚のうちは血管の損傷は軽症ですが
血糖値はじゅうぶん上がっています。
もう少し進行すると
足の裏に紙が貼られたような
嫌な違和感が出てきます。

医師の指導のもと血糖値のコントロールを
行う必要があります。

両側性で痛みが伴うときは重症度がさらに高い

両側であることに加えて
・強いしびれ
・冷えがあり青白い
・痛みを伴う
・ふくらはぎが痛くなる
などのときには

閉塞性動脈硬化症

が疑われます。
動脈の血管がつまり
血液が流れにくくなる疾患です。
直ちに医師の受診を必要とします。

どちらもQOLを著しく下げる
重大な疾患です。
しびれというサインを見逃さず
すぐに対処しましょう。

糖尿病と足の疾患とは相関する

糖尿病の症状が全体を覆っていると
他の原因による痛みしびれが
特定しにくくなります。
糖尿病と診断されると
全ての不具合をそこに
持っていってしまいがちです。

血糖値を下げるには
運動する事が必要ですが
足を痛め歩きにくくすると
運動量が減ります。
足の不具合と糖尿病は
相関関係があります。
並行してケアすることを
おすすめします。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームに移動します

LINEでのお問い合わせはこちら

LINEで問い合わせてみるアイコン

もちろん
電話でも受付してます。
時間外も留守電対応
お名前とご用件を
録音してください。
最短で折り返します。
スマホなら下の
☎0671637470をタップ!👇

※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※このページに記載の連絡先は患者様のご予約・お問い合わせ専用です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

周辺地図
地図のページへのリンク
周辺コインパーキングの案内もこちら

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております