モートン病 神経の異常興奮

大阪市東成区大今里南にあります
鍼灸治療院リーチです。
モートン病 の考察です。

もくじ

モートン病とは

モートン病の痛みの好発場所

足趾の間
水かきより内側が痛くなる症状です。
痛みの付近に硬い塊を感じることがあります。

3趾~4趾間で発症することが多く
2~3 4~5間でもあります。

女性に好発

女性に多いですが
男性も発症します。
ハイヒールのせいでなるとか
外からの物理的刺激が
原因のように言われます。

地面に打ち付けられておこる刺激が痛みの引き金になる場合はありますが原因は別にあります。

浮き指

モートン病 の人は浮きゆびです。
あしゆびが浮いて地面に触れていません。

浮き指のひとの足の裏を見ると
図のピンクの部分の角質が固くなっており
体重が乗っている形跡があります。

一方 指先はつるつるして体重を支えた形跡がないのがわかります。

浮き指の人の足裏の接地

「じゃあそこを打ち付けたからだろう」
ということになりますが足の裏は丈夫です。
原始人は素足で歩いていたのですから
それぐらいで機能不全きのうふぜんにはなりません。

私の臨床経験だと浮き指の人は例外なく冷え性です。

両側性が多い

モートン病はほとんどのケースで左右両側で発症します。
片方だけを訴える場合もありますが自覚がない側もつまんでみると敏感な痛みがあります。
これは原因が痛みが出ている局所でなく体の中心に近いところにあると考えられます。

原因は血流の不足による神経の異常興奮

血流から見る モートン病

原因は血流の不足による神経の異常興奮です。

他院へ何回も通って改善しない方 お待ちしています。 

あなたのご来院を
心からお待ちしております