O脚 改善すべき自分の形

大阪市東成区大今里南にあります
鍼灸治療院リーチです。
O脚についての考察です。

O脚とは

O脚は
立位りついで足首の内踝うちくるぶしをくっつけても
膝の内側がくっつかない状態を言います。

正常な脚とお客の脚の比較イラスト

原因は股関節にあり
大腿骨の頚体角が浅い

骨盤と頚体角の位置関係

O脚の原因を股関節から見た場合
骨格的には大腿骨の大腿骨頚の角度
頚体角けいたいかくが浅いことが考えられます。

内反足など
足元の問題は助長させる事柄であって
根本的な原因ではありません。

頚体角は
大人で125°ぐらいが正常とされていて
幼少期はもっと広く130°ぐらいあり
歩行し始めて身体の荷重がかかると
年々狭くなります。
最初から狭いと成人期に125°を
下回ることもあるわけです。

図のように頚体角が浅いと
大腿骨の縦軸が
体の中心線から離れていくので
両脚の間も離れることになります。
外観からO脚がはっきりと分かる人
股の部分に隙間があいている人は
頚体角が120°より狭い人だと考えられます。

大腿骨が外に張り出していると
下半身が大きく見える原因にもなります。

大きなお尻

内反膝 という見た目

O脚は内反膝ないはんしつとも言われます。
膝が離れ外側を向いているからです。

頚体角が浅いだけで
膝が外を向くということはありません。
膝が外を向くためには脚の縦軸に対して
外旋がいせん方向に働く力が必要です。

外に向く原因は筋肉です。

よちよち歩きのときに自分で決めている

人間はよちよち歩きのとき
つま先を外に向けてか内に向けてかを
交互に試しながら歩きやすい方法を
自分で決めます。
開く方になじむと
ガニ股気味の股関節になります。

※これは病的なことではありません。自分のお子さんがどちらかに偏っているからと矯正を加えないでください。10代後半まで身体は柔軟に変化を繰り返します。姿勢やスタイルを決める要因は他にもあります。

臨床経験豊富な柔整師の先生が
O脚の人に聞き取り調査をしたところ

ハイハイから立ち始めるのが早かった
立ってから歩き始めるのが早かった

など運動能力の高い子のほうが
がに股になりやすい傾向があるそうです。
自力ですぐにできるようになるぶん
お相撲さんの四股しこを踏むような
踏ん張るかたちになるのではないかと…。

女優の土屋太鳳さんがTVで
「私 実はガニ股なんですよ。油断して歩いてるとすぐ足が開いて来るんです。」
と言ってるのを聞いて
この人は体育大学出身だよなと
みょうに納得してしまいました。

股関節外旋に働く筋肉

外旋筋で一番大きなのは
大殿筋だいでんきん です。
大きな肉厚の大臀筋は
下部が股関節の外旋に
活躍します。

大殿筋

でも大臀筋は外側の筋肉なので
力の抜き差しがわかりやすく
また外部から刺激を与えられます。

この大殿筋の裏に黒幕がいるのです。

大殿筋を引っ剥がすと
梨状筋りじょうきん
上双子筋じょうそうしきん
内閉鎖筋
外閉鎖筋
下双子筋
大腿方形筋
6つの外旋筋があり
地味に緊張して固まっています。
主になる大臀筋が脱力していても
股関節外旋を維持してます。


リーチのO脚改善は
この外旋六筋をリリースします。
直接この深層筋へ届く刺鍼をしますので
結果は早いです。
おそらくそれが改善すべきご自身の形であり
あとはその形を維持していくことに
注意を向けられます。

骨の形はかえられない

骨の形はかえられません。
頚体角の角度を取り戻そうとしても無理です。

施術しても膝の内側がくっつくとは限りません。

目指すべき自分の形

それならやる意味がない…
そう考える方もいらっしゃるでしょう。
でもそのままにしておくと
O脚は必ず
膝の不調 股関節の不調
を招きます。
人工関節の事例がこの二関節が多いのも
そのことを表しています。

最初の方で
「頚体角は荷重がかかるので年々浅くなります」
と書きました。
これは誰の身体にもおこることです。
さらに高齢になり骨密度が下がれば
加速するかもしれません。
骨格が必ず変化する分
筋肉で改善できる部分はしておくことが
変化を最小限にする最善の方法です。

O脚は見た目だけの問題ではないのです。
人生のどこかで正面から自分の形を見極め
改善しておかなければいけない
体の癖なのです。

特別な料金はかかりません。
お体全体を評価して
改善すべき点として上げさせていただきます。

あなたの健康を願い
ご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちら
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこちら

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております