突発性難聴 突然耳が聞こえなくなったらまずすること

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
突発性難聴 についての考察です。

突然耳が聞こえなくなったら…
誰しも不安です。

突発性難聴 時間が経ったらだめなのか?
めまい 耳鳴り 突発性難聴 に鍼灸筋膜リリースをお試し下さい。駅近 大阪メトロ 今里 駅から徒歩4分ほどです。土日祝日対応します。夜20時まで受付します。

以上のようなお悩みをお持ちの方
鍼灸治療院リーチ

にご相談ください。

突発性難聴 突然 耳が聞こえなくなったとき まずやるべき大事なこと8つ

おそらく少し前から違和感(耳閉感)はあったはずですが聞こえないことに気づくのは突然で誰しも驚いて不安になることでしょう。

原因ははっきりわかっておらず
突然 片方*の耳の聴力が失われることを総称して「 突発性難聴 」とよんでいます。
耳閉感と耳鳴り めまいを伴うことがあります。

※まれに両側性の場合があります。

突発性難聴 なってしまった時どうしたらいいかをまとめてみました。

1.近所の耳鼻科へ

気づいた時点でできるだけ早く近くの通いやすい耳鼻科を受診してください。
・聴力テスト
・感音性難聴*であるという診断
・内服薬の処方

が必要です。

*難聴には伝音性(外耳と中耳の問題)と感音性(内耳)があり治療法が異なります。耳が聞こえなくなる疾患にはメニエール病 耳管開放症 耳管狭窄症 外リンパ瘻 ムンプス難聴 加齢性などがあり医師の診断が必要です。このページでは突発性の感音性難聴を取り上げています。

次に

2.処方してもらった薬は飲み切る

処方される内服薬は
・ステロイド剤
・血液循環改善剤
・ヴィタミンB12剤
が一般的です。
2~3日服用してもう一度聴力テストを受けると聴力の回復がグラフに表れて 結果が良ければもうしばらく服用して様子を見ましょうとなります。それで治る場合もあるのです。

本人的には感じられなくてもグラフに若干の改善は見られます。効果はあります。かならず処方された薬は飲みきりましょう。

3.体を休める

発症する人はみなさん疲れています。体だけではなく精気が衰えています。悩みごとから離れてできれば仕事も休みましょう。

4.少食を心がける

食べ物を消化吸収することは実は凄くエネルギーを使うことなのです。普段食べすぎの傾向がある人は少食を心がけましょう。炭水化物を控えめにします。血液サラサラ効果を狙って青背の魚や納豆がおすすめです。飲酒も控えます。

5.体を冷やさない

全身の血流の改善のため保温することを心がけましょう。特に足元を温めます。冷たい飲み物も避けます。

6.セックス、自慰行為は控える

東洋医学的には耳の疾患は腎に関わると言われています。腎精を温存するためにセックス自慰行為は控えます。

7.湧泉に灸をすえる

足裏に湧泉という腎に関係するツボがあります。せんねんきゅうをここにすえます。一日数荘 足先が温まる感じになります。

8.スマホに聴力検査アプリをインストールする

お持ちのスマートホンに聴力検査アプリをインストールして密閉式のヘッドホンを用意してください。静音室で行う検査ほど正確ではありませんが目安にはなります。回復途中かえってノイズを拾い会話の声などが聞こえにくくなり不安になります。そんなとき計測できると安心できます。

入院して点滴を受けるべきか?

内服薬で効果がないと次に勧められるのが点滴です。入院が必要ですがやってみる価値はあります。
きっかけがないと休めない方や家にいると何かしら用事をしてしまう主婦の方などもそのほうがお体を休められていいかも知れません。

 ただその間病院からは出られません。血管を柔らかくする薬剤を投入するため内出血すると一大事になるため外出禁止です。
 期間は点滴を受けて1週間 様子を見て 効果がなければもう1週間…と続きます。

9つ目の選択肢を点滴にするか鍼灸にするか

内出血の心配のため並行して鍼灸の治療を受けることはできませんのでどちらかを選ぶことになります。

 私 個人は鍼灸のほうが効果的だと思っていますが点滴療法を行って結果が悪くてそのあと来ていただいても遅くはありません。

上記の「まずすること」8つを行って9つ目を点滴にするか鍼灸にするかを1~3日の間に決めることになります。
もしくは1.の耳鼻科の帰り道に鍼灸院へいって並行して施術を受けるのもありです。

MRIを受けるべきか?

「聞こえなくなったのは耳だけの問題ではないかも知れない」
と脳に異常がないか調べるためにMRIを受けることを勧められます。
入院するとほぼ受けることになるでしょう。
入院を断っても勧められます。
年齢が上の方や過去に脳血管障害 事故などで頭を打った事がある コレステロール値が高い 高血圧 強いめまい 平衡障害などに思い当たる方は受けたほうがいいでしょう。

MRIによる結果は脳の障害や外リンパ瘻などの悪い可能性の除外であり聞こえなくなった原因をズバリ見つけてくれるわけではないのです。
大がかりな最新の治療を受けた感じで
「これで原因がはっきりして治してもらえるんじゃないかしら」
と期待してしまうかも知れませんが
受けたからといって治療が先に進むわけではないことを覚えていてください。

内耳は頭蓋骨の内側にある。血液の供給は内側から

内耳は頭蓋内にあり血液の供給は脳底動脈の分枝で行われます。
その血管がつまり 酸素の供給を断たれると音を感じる有毛細胞は死んでしまいます。
それゆえの早めの処置 血流改善剤の投与 念の為のMRIです。

厚労省のe-ヘルスネットでも「…有毛細胞が傷つき壊れてしまい…」とありますがそれでは時間が経ってからでも回復する事例があることが説明できません。

頭蓋骨の外側に治療をしても意味がないのでは?

頭蓋骨の内側の血流の問題なら外側に加療しても意味がないのでは?と思われるかも知れません。しかし私の経験では難聴の方の患側の耳周りを診ると固くなっています。血の巡りが悪くなっている。耳の穴を中心にその周囲が局所麻酔がかかったような感覚がない感じがするという方もいます。

聴力が回復すると同時にその硬さも麻痺した感じもなくなります。

滞るのは静脈ではないのか?

内耳の静脈は吻合をしながら頭蓋の骨の中を通り頭蓋内へ戻ります。その静脈の流れが滞って新しい動脈血が流れてこないで症状がでている。 ほとんどの場合 神経痛と同じようなもので有毛細胞は壊れていないのではないかと考えています。 

*音響障害による難聴は例外です。

 静脈の流れを良くするためには付近の動きを良くすることです。鍼灸の刺激はそれに適しています。

鍼灸治療では何を目標にするのか

目的は聞こえるようになることです。
目的を達成するために当院では患部周辺及び全体の血流を改善すること 精気を養うことを目標としています。

東洋医学には
標治法(症状に対して局所的な対症療法)と
本治法(根本治療)という考えがあります。

血流に関して言えば局所的な乏血への対応が標治法であり全体的な血液循環が本治法に当たります。

体全体の血液循環が滞った上に局所的に耳周りの乏血が起こり難聴を発症する

局所的な施術(標治法として)

局所的には主にミオラブを使った筋膜リリースで施術を進めていきます。

胸鎖乳突筋:後頭部から首を半周するように喉の下に付きます。例外なくこの停止部が凝っています。その下には頭板状筋が重なっています。
側頭筋:側頭筋は耳の上部から始まり停止部のわきから耳穴へと続きます。
耳介筋:上前後と三方向から耳介を支えています。

これらの筋肉をリリースし耳周りの凝り・固さを解消します。
耳周りの固さの解消は改善への指標になります。

本治法として

腎精を養う

東洋医学の「腎は耳に開竅する」とは「腎精の不足が耳に症状として表れているのだ」ということです。
腎経を補い腎精を養います。

表湧泉:湧泉に灸頭鍼をし足先を温めます。

脾経を補う

血液循環には脾経の経絡が密接に関係しています。
特に女性の場合 月経不順 直前に不正出血などがあった場合 そのことが直接の引き金になっていることが多いのです。

突発性難聴を患っている人は皆さん足が冷たい。足がほてる人もいます。これは血液循環がうまくいっていないと考えられます。腎経を補うこと 脾経を補うことは血液循環の改善でもあります。

肝経を補う

東洋医学では五臓六腑を動かしているのは「肝の推動作用」と言われています。肝に元気がないとすべてが滞ります。

耳の周りの経絡

耳の周りを巡っているのは 三焦経 胆経 小腸経 です。三焦経は耳介をぐるりと囲み 胆経は側頭筋を覆い また小腸経の腕骨は耳鳴りの特効穴です。

喉を診る

突発性難聴の原因になる潜在的な既往として「ムンプス難聴」「耳管狭窄症」「耳管開放症」があります。耳下腺は顎の内側 喉に近いところにあり,耳管は喉に繋がります。
胸鎖乳突筋は喉の下に始まりがあります。

以上のことから 突発性難聴 は喉にも関係している疾患であると考え 肺経 大腸経 小腸経 胃経の経穴を使います。

・ムンプス難聴・・・おたふく風邪にかかりその原因であるムンプスウイルスが耳下腺に住みつくと体力が落ちた時 耳下腺炎を起こします。その炎症がもとで起こる耳閉感 耳鳴り 難聴です。
・耳管狭窄,開放症・・・・耳管の狭窄 開放でおこる耳の異常

東洋医学的にあなたの疾患をみれば必ず突破口は見つかります。

料 金

初診 7,150円(初診料 税込) 二回目以降2,200円~(円背などの要因がある場合加算されます。) 発症直後の方は連続して通院することをおすすめします。
発症からすでに時間が経ってしまった場合週一回ぐらいの通院で3ヶ月ぐらいを目安にしてください。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちら
LINE登録で特典があります

メールでのお問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこちら

電話リンク 06-電話リンク 06-

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

鍼灸治療院リーチ 周辺地図
周辺地図
地図駅からの道順見出し
周辺コインパーキングの案内もこちら

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております