腱鞘炎(手)

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
腱鞘炎 についての
筋膜リリース的考察です。

腱鞘炎の痛みに顔を歪める男性のイラスト

親指の付け根が痛い。
痛くて瓶の蓋が開けられない。
不意の痛みが恐怖だ。
悪化するのはわかっているが生活・仕事上やめられない作業がある。
電気やマッサージの治療や湿布の処方を長い間受けている。
テーピング・サポーターにたよっている。
手術を勧められている。

リーチの筋膜リリースは
今まで手つかずだった深層の原因筋にアプローチし
あなたの症状を抑えます。

腱鞘炎でまず診るべきは前腕から先の循環です。

腱鞘炎とはその名のとおり「腱」と「鞘」の間で起こる炎症です。
炎症を抑えるという意味では湿布を貼ったりサポーターやテーピングでその部分の安静を保つということは正しい処置です。
ただいつまでそれが続くのでしょうか?
炎症は結果であってその結果を導く原因があるのです。

使いすぎで起こると言われています。

雑巾がけを力を入れて押し付けてしまう
チョークで板書をする学校の先生
楽器ギターやピアノの奏者…
など

でもなぜ発症する人としない人がいるのでしょうか?
治る人と治らない人がいるのはなぜでしょうか?

原因は腱と鞘との潤滑

炎症を抑えても直ぐまたぶりかえすことを見ると
その腱や鞘に問題があるのではなく
その動きに関係があるのではと推測されます。
なめらかに動くにはそこを潤滑する必要があり
そのためにそこに間質液を供給していく循環が必要です。
症状が続く人と楽になっていく人の差はそこにあります。

血流だけ診ていたのでは長引きます。

鍼灸は
気・血・津液
を扱います。

腱鞘炎もこの3つを診て
患部の循環が回復して
快方へ向かっていきます。

拮抗筋を診る

また腱鞘炎が更に進むと
弾発指(ばね指)
になることが多いですが
腱鞘炎のうちは伸筋に痛みが出ますが
ばね指になると屈筋に症状が出ます。
これは拮抗筋の関係にある両側に
不具合が出てるということです。

日常生活の動きを観察してみると
雑巾がけにしても
チョークで字を書くにしても
指の屈筋と伸筋に
同時に力を入れているのがわかります。

一つの関節で伸筋と屈筋に同時に力が入ると
周りの間質液がゲル化して流動性が低下します。
これは循環が悪くなることにも関係しています。

ドケルバン病は親指に起こる腱鞘炎の 典型的な 症状ですが痛みの出る伸筋側に対し屈筋側にあたる拇指球筋スパズムを起こしています。
一部の筋繊維が伸びないことが全体を縮めてしまい拮抗側の伸筋にもストレスを与えてしまいます。

当院で行う腱鞘炎の施術はまず拇指球・小指球のリリースです。

次に
指の筋肉は本体(縮んだり伸びたりする部分)が前腕の肘に近いところにあります。
この部分を緩めることで前腕から先の循環が回復してきます。

拇指球のリリースも前腕の筋群のリリースも鍼が一番適しています。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

リーチの電話はここをタップ 

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2.初診料・特別な材料費がかからなければ一回の施術で5500円を超えることはありません。(税別)
3.脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
4.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
5. お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
6.筋膜リリース・トリガーポイント鍼・頭蓋仙骨療法いずれの方法も症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
7.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
8.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております