外側上顆炎 (テニス肘)

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
テニス肘 についての
筋膜リリース的考察です。

テニス肘の痛みがないともっとうまくなれます。駅近 大阪メトロ千日前線今里駅から徒歩4分ほどです。 土日祝受付中 20時まで受付中

テニスのバックハンドで痛む。
ドアノブを回しても痛い。
雑巾が絞れない。
辞書ぐらいの重さのものを持ち上げられない。

リーチの筋膜リリースは
今まで手つかずだった深層の原因筋にアプローチし
あなたの症状を抑えます。

テニス肘 か野球肘か?

肘の症状 は
外側が痛いのか内側が痛いのか で
テニス肘野球肘に分けられます。

外側の症状が
テニスのバックハンド
原因のことが多いので
テニス肘と言われます。

初心者のバックハンド

硬式テニスを始めると最初に
「手首は使わない。」
と習います。
これはボールを打つ 他の 競技と比べて
特殊なことだと私は思います。

この言いつけを守らないで
手首を使うと
手首を動かす筋群を痛めます。

バックハンドの動きは
さらに特殊で
ラケットを持った手の反対側で
背面(手の甲側)を使って打ちます。
このとき使う筋肉が
肘の外側上顆から始まる伸筋群で
肘にとって負担のかかる行為です。

前腕の伸筋群の解剖図
前腕の伸筋群

参考:解剖学的肢位
解剖学では手のひらを前に向け

直立した姿勢を基本にします。
手の場合 親指側が「外側」になります。

保存的治療では
この伸筋群に加療し
前腕の肘に近いところに
エルボーベルト
を巻いて可動域制限をかけ
安静にすることで治癒を図ります。

分厚い本をつまんで痛みが出るのも外側上顆炎です。

それだけで治るかというと
日常生活では痛みはおさまっていますが。
・机上の分厚い本などを持ち上げたりすると
痛み始める。
・テニスをするとまた痛む
・エルボーベルトが手放せない
などの慢性化してしまった状態の人が
多いかもしれません。

ねらうのは回外筋

当院では
回外筋をリリースします。

回外筋の解剖図
回外筋

バックハンドの動作には
前腕の回外動作が入ります。
ということは酷使されていて
当然 施術の対象になります。

テニスラケットを握った回外動作
回外動作

内側上顆の円回内筋も

さらにその拮抗筋である
円回内筋もリリースします。
そうすることによって
尺骨と橈骨の二本平行している
骨の自由度がまして
前腕が開放されます。

施術を受けた方の感想では
前腕が軽くなって
肘から先に血が通い始める感じ
だそうです。

円回内筋の解剖図
円回内筋

外側上顆は上腕にあります。

テニス肘は
「 上腕骨外側上顆炎 」じょうわんこつがいそくじょうかえん
ともいわれ

外側も内側も上顆は上腕骨にあります。

バックハンド時には肘を伸ばして
ラケットを送り出す動作をします。
ベテランほど強烈なはずです。
送り出す動作は肘を伸ばす動作で
上腕三頭筋の仕事であり
拮抗筋は上腕二頭筋です。

当院では
上腕も施術の対象にしています。

LINK:「肘の痛み上腕三頭筋炎」

関節に棘や靭帯の障害がなければ
以上のリリースで改善されます。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

リーチの電話はここをタップ 

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております