鵞足炎

大阪市東成区大今里南にあります
鍼灸治療院リーチです。
鵞足炎がそくえんについての考察です。

※診断には医師の受診が必要です。

もくじ

鵞足炎とは

膝の内側少し下側に縫工筋・薄筋・半腱様筋の停止部の集まりがありがちょうの足に似てることから鵞足と呼ばれています。

その3つの筋肉の腱とその下にある滑液包とが擦れ合うと痛む動作時痛です。

※じっとしてても痛い(安静時痛) 場所が内側でももう少し上の場合は別の原因が考えられます。

好発は?

若い人に多い症状ですが
マラソンなど 膝の曲げ伸ばしが多い競技なら
年齢に関係なく発症する可能性はあります。
年配の方がひさしぶりに体を動かした
という場合も少しの運動で発症する場合があります。

原因は?

別名を「鵞足滑液包炎」といいます。こんなふうに書くと中の液体の問題のようですがむしろ擦れ合う膜の問題です。

滑液包とは摩擦や衝撃が想定されるところにある液の入った袋です。

鵞足と膝の構造

膝関節は
外側を腸脛靭帯
内側を縫工筋・薄筋・半腱様筋のベルトがぶら下げてるような構造になります。

膝関節が曲げ伸ばしを繰り返すとき
ベルトは膝関節とのあいだで摩擦を繰り返します。

内側の摩擦抵抗が大きくなったとき
炎症が起こり痛みを感じます。

屈曲・伸展を繰り返しても
膝関節が腸脛靭帯や鵞足の間をストレスなく通過していれば炎症はおこりません。

しかし脚が傾き膝が内側に入るとこすれあい
鵞足側に痛みが出ます。

なぜ膝が内側に入り込むのか?

X脚や外反足があると膝は内側に倒れ込みますが以前からの常態であり急性症状の直接的な原因ではありません。

膝を持ち上げる股関節の筋肉

走るためには膝を持ち上げます。
その時大腿直筋だけを使えば
膝は垂直に上がり脚はまっすぐ前に出ます。

しかし股関節には他にも筋肉があり屈曲に協力しようとします。

大腿筋膜張筋は内旋させる

腸脛靭帯の起始部にあたる大腿筋膜張筋も協力しますが
その骨盤上縁の起始部は腸脛靭帯の停止部より前にあり
かつわずかに内側に入っているので
股関節は内旋し 膝は内側を向きます。

大腿筋膜張筋が緊張していると
股関節を内旋して膝を持ち上げてしまいます。

そのまま着地するとつま先が内を向き
不安定になるので外側広筋が働き
下腿の軸をねじり
つま先を正面に向けようとします。
着地して膝が屈曲を始めると
正面から見て「くの字型」になり
鵞足と滑液包の辺りが擦れます。

これが鵞足炎を起こす膝が内側に入った形です。

リリースがフォームの修正への近道です

練習をたくさんこなすと人間の体は形を覚えます。フォームの完成です。

でも故障していたり疲労したりで覚えたまちがえておぼえた部分は取り除かなくてはいけません。

ランナーのひとが鵞足炎の治療に行くと
よくわかってる施術者のところなら
「つま先をまっすぐ前に出してください」
とアドバイスされます。
でも

意識だけでは改善できない部分もあります。

あなたのご来院を
心からお待ちしております