X脚 改善すべき自分の形

大阪市東成区大今里南にあります。
鍼灸治療院リーチです。
X脚についての考察です。

X脚とは

立位りついで膝の内側をくっつけても
足首の内踝うちくるぶしがくっつかない状態を言います。

原因は股関節にあり
大腿骨の前捻角が深い

X脚の原因を
股関節から見た場合
大腿骨頚の前後に与えられる角度
前捻角が深い
ことが考えられます。

外反足など
足元の問題も
膝の角度に影響を与えたり
するので重要ですが
足元から始まるわけではありません。

クレイグテスト

前捻角を計るテストを
クレイグテスト
といいます。

「筋骨格検査法」医歯薬出版(株)より

1.被験者にベッドにうつ伏せてもらい
臀部脇左右の大転子を探り当てます。
左右の大転子を平行にし
中間位(内旋外旋が見かけ上均衡な位置)
を作り出します。

2.膝を曲げ 外側に傾いた
下腿の角度が
前捻角になります。

正常な前捻角は
15°から20°と言われています。
私の経験では
25°ぐらいなら
X脚ではない場合が
多いように思います。

ではそれより深いと何がおこるか?

前捻角が深いと何がおこるか

1.後方の可動域が小さくなる

股関節は球関節です。
角度が20°より深い過前捻角だとすると
球の根本の大腿骨頚と
臼側である寛骨臼とのあいだが狭くなり
股関節の後方への動き
伸展・外旋の動作が小さくなります。

2.重心を支える軸が後ろにずれる

また 前捻角がありすぎるとは
大腿骨の縦軸が
後方に下がる
ということです。

このことで
腰から上の体幹部が
前に傾きます。
傾きを修正するために
微調整が必要になります。

※骨盤の後傾・前傾にも関係してきます。

過前捻角からX脚へのメカニズム

立つだけなら
2.の重心の微調整だけで
腰を反らせたり
膝を曲げたりすれば
X脚になる必要はないのです。

でも人は歩行するとき
股関節を伸展・外旋させます。
脚を後方へ動かさなければ
歩けません。

外旋するとすぐにあたってしまいます

後方へ伸展したときに
可動域の狭さを感じると
なんとかしようとします。

あらかじめ内旋させておき
大転子の位置を前方において
そこから動き始めることで
偽の可動域を作ります。

股関節に内旋筋はありません。
内転筋群がその役目をします。
内転筋はどれも大腿骨を中心線へ斜め上へ
釣り上げるように働きますので
大腿骨の縦軸の回転ではなく
腰が横に張り出し
膝が内側に入る
Xの上半分の形になります。

この時点ではつま先も
膝と同じ方向の内側を向いていますが
2.の前にかかる重心を支えるために
下腿の軸を外に向け
つま先を正面に向けようとして
膝から下が中心線から離れていきます。

人は
歩きはじめから10代後半までで
探りながら自分の形を決めていきます。
過前捻角がきっかけで
Xの形へ導かれていきます。
若いうちはそれでも
問題はないように思えます。

過前捻角の原因は何?

前捻角は生まれつきだけでなく
年を経るごとに深くなっていきます。
これは誰にもおこることです。

病的なほど過前捻になるには
理由があるはずです。

無理なストレッチ

筋肉の方向を無視した股関節のストレッチは
大腿骨頚に負担になるかもしれません。
股関節の柔軟さはどんな競技にも必要ですが
過度な負荷は避けたほうがいいように思います。
ただバレリーナや器械体操の選手に
多いかと言うと
そうでもないようです。

割座(ぺたんこ座り)

女の子がよくする
正座からお尻を直接床面につけて
脚を開いてしまう「割座」は
大腿骨頚に直接体重がかかってしまうので
前捻角を増長してしまいます。

現代人椅子の生活が多いと思うのですが
それでも
食事の時家族とこたつに集合するとき
リビングのテレビの前で
ゲームをするとき
自室のベッドの上でなど
床に直接座る機会はないわけではありません。
そのたびにぺたんこ座りをしていると
前捻角も角度を増していきます。

下肢の変形はO脚よりもひどくなる

経験からですが
X脚の方の下肢の変形は
O脚の場合よりもひどくなります。
骨盤が前傾しているので反り腰になり
膝から下を外旋するので外反足になり
アーチの崩れた扁平足 外反母趾
膝が壊れるのがO脚よりも早く
50代でおとずれます。

さらにうまく足を使えないので
例外なく冷え性です。

よく矯正をうたっているところで
O脚とX脚を同列に扱っていますが
X脚のほうが断然難しい。

当院は鍼を使います。
そのほうが早く確実に
結果が出るからです。

診るところが多岐に
渡るので鍼でなければやっていけない

もし鍼が嫌で
別の施術を選ぶなら
立位のあなたを見て
膝が着いてるかどうかだけで
OかXを言って
施術を始めるようなところは避けてください。
上記のクレイグテストぐらいは
してくれるところでないと
身を任せてはいけません。

X脚はなるべく早く取り組むべき
体の癖です。

特別な料金はかかりません。
週一回の頻度での
受診を続けてもらいます。
その都度その時ある別の症状を
診ることも可能です。

あなたのご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
周辺地図
Pはコインパーキング

LINK:地図・道順

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2.初診料・特別な材料費がかからなければ一回の施術で5500円を超えることはありません。(税別)
3.脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
4.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
5. お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
6.筋膜リリース・トリガーポイント鍼・頭蓋仙骨療法いずれの方法も症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
7.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
8.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

あなたのご来院を
心からお待ちしております