坐骨神経痛

大阪市東成区今里にあります鍼灸治療院リーチです。
「 坐骨神経痛 」の 筋膜リリース 的考察です。

※このページに書かれていることは目安です。確定には医師の診断を必要とします。

 

リーチの筋膜リリースは
今まで手つかずだった深層の原因筋にアプローチして
あなたの症状を抑えます。

坐骨神経痛は通称です。

「 坐骨神経痛 」は病名ではありません。
頭が痛いことを「頭痛」
肩が凝ることを「肩こり」
と同じでお尻から脚にかけてのしびれや痛みの症状を指します。

坐骨神経は太ももの裏側を通ります。

坐骨神経は骨盤から出て太もものの裏側を通り膝上までの太い神経です。この坐骨神経沿いに出る痛みが典型的な坐骨神経痛です。

坐骨神経の走行
LINE登録で特典があります

坐骨神経痛の痛みのタイプ

1.おしりからもも裏まで痛い

梨状筋症候群」と言われる典型的な坐骨神経痛です。
お尻・さらにはモモ裏まで痛みが出ます。

梨状筋

梨状筋は仙骨から始まり坐骨神経にかぶさる形で大腿骨頭に停止します。
梨状筋によって坐骨神経の根元を押さえられる*ことが原因だとされています。

外旋六筋とは

比較的大きな大臀筋・中殿筋以外に股関節の外旋に働く筋肉は梨状筋を含め6つあります。これらを外旋六筋といいます。
梨状筋と他の五筋は坐骨神経を挟んで反対側にあり収縮すると挟まれた坐骨神経を締め付けます。
外旋六筋はいずれも深層にありこれが坐骨神経痛を長引かせる理由です。

外旋六筋:梨状筋 大腿方形筋 上双子筋 下双子筋 内閉鎖筋 外閉鎖筋

鍼なら外旋六筋へ届かせることができます。

2.太ももの側面の下の方

太ももの側面に出るタイプです。
「側面?裏?前にもあるような?」
とはっきりしない場合があります。

大腿側面に症状が出るケース

大殿筋下部線維が原因

大殿筋は腸脛靭帯に停止する上部線維と大腿骨の殿筋粗面に停止する下部線維とに分かれます。

骨盤を横から

デスクワークでかためる

殿筋粗面は椅子に座る時 座面に当たる場所でデスクワーク等が長いと固くなります。下部線維の裾は坐骨神経から分枝した神経に重なり 大腿側面の神経痛を起こします。

坐骨神経から側面へ廻る神経があります

LINE登録で特典があります

3.ふくらはぎが痛い

神経痛でふくらはぎが痛い 場合があります。

脛骨神経上
腓骨神経上

大腿二頭筋は長頭と短頭があり長頭は坐骨神経の走行とほぼ重なります。
臀部から始まった症状が先に進むと大腿二頭筋も固くなります。

大腿二頭筋が原因となる場合 坐骨神経走行上だけでなく膝の上で二つに別れた脛骨神経・腓骨神経の走行上に出る場合があります。

4.太ももの前の方

太ももの前面に出る症状は坐骨神経は関係してきません。

大腿神経の症状

大腿の前面に出る症状は大腿神経での症状です。

5.腰の外側

腰の前面外側の症状は外側大腿皮神経の症状です。

坐骨神経痛の症状の原因は色々ありさらに複合的で複雑です。一箇所を解決しても治まらず 画像診断で神経根の異常が見つかるとそこに原因を持っていきがちです。そうなると手術を勧められたりします。

丁寧に診ていくと必ず原因を探り出せます。
そして鍼先は確実にそこに当てられます。

雑に診てありきたりのことだけしても治りません。

痛みどめでごまかしても先送りしているだけです。
将来的によくありません。

はりきゅう筋膜リリースをぜひお試しください。

皆様のご来院を
心からお待ちしております

ラインでのお問い合わせはこちらから
LINE登録していただくと特典があります

メールでのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせはこちらから

リーチの電話はここをタップ 

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。※患者様のご予約・お問い合わせ専用電話です。セールスなどはご遠慮ください。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ 住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1  

電話: 06-7163-7470
メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

今里の周辺地図
周辺地図
チズノページヘノリンク

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2. 脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
3.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
4.お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
5.症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
6.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
7.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。
8.感染症拡大防止ガイドラインを遵守します。

皆様のご来院を
心からお待ちしております