ミオラブ

筋膜リリースの道具です。

鍼に抵抗のある方の筋膜リリースは
ミオラブ で行います。

素肌に直接が本当の使い方です。

硬質のプラスチックに
すべらないシリコン製のカバーを
かぶせてあります。

素肌に直接当てて
使用するものです。

筋膜だけでなく
真皮とその直下の筋肉とのリリースでもあります。
しっかりと皮膚をホールドできるように
着衣の上からやタオルケットの上からはNGです。

※当院では施術しやすいように お着替えを用意していますので必ず着替えていただきます。

特異な形状は考えられてます。

名古屋の塩釜鍼灸治療室の
鳥居先生考案の手技治療器具です。

鳥居先生から直接指導していただきますが
最初はよくわかりませんでした。
ただ押し付けてグリグリとする道具のように使ってしまっていました。

閃いたのはその形状をよく観察してからです。

フロントエッジとリアエッジは厚みが違う

みおらぶ横から見た図

MYORUBの文字を上下正しく見えるようにおいて上に来る方をフロント下に来る方をリヤエッジと呼んでいます。

リヤ側を手のひらで包むように持ってフロントエッジを当てて使うことが多いのですが(知らない人が使うと終始この持ち方になってしまうでしょう。)
私も観察して初めて気が付きましたが
写真のように横から見るとリヤエッジとフロントエッジでは厚みが違うのです。

フロントは厚くてリヤは薄い
このリヤの薄さには意味があります。
おおよその人体表面のくぼみ・隙間に入っていくことができます。

この事に気づいてからどの面を体のどこに使うか?
教わりながら・先生を見て盗みながら・考えながら会得していきました。

リヤエッジの角度は90°以下です。(上の写真)
これは膜状の筋肉のヘリに引っかかりやすいようにできています。
例えば太腿の横の腸脛靭帯と外側広筋の間をリリースするのにリヤエッジを滑り込ませると痛みもなく効率的に行なえます。

ミオラブのリヤエッジ
外側広筋と腸脛靭帯のリリース
ミオラブの密着面

患部を 鍼では点でしか捉えられませんが
ミオラブは面で捉えてくれます。
肩を大きく覆う僧帽筋 背中を覆う広背筋など
広い範囲を短時間でリリースすることができます。

丸い部分をホールド

ミオラブのホールド面

腕や足など丸みを帯びた部分は手で把握するようにホールドします。
しっかりとホールドすることによって筋繊維を横に切ることなく傷つけません。

通常のマッサージとは違う筋肉が緩む感じはどなたでも気持ちよく体感していただけると思います。

ミオラブによる20分の筋膜リリースコースは3000円です。

このページのまとめ

・素肌に直接が正しい使い方です。
・リーチでは着替えをご用意しています。
・リヤエッジは隙間に入り込みます。
・90°以下の角度で引っ掛けやすい。
・僧帽筋 広背筋の平面には密着
・腕や足の丸い部分はホールド

YouTubeの動画です。
Youtubeの動画です。

皆様のご来院を
心からお待ちしております。