N.T.A 頭蓋仙骨療法 は鍼灸が苦手という方におすすめです。

N.T.Aとは

頭蓋仙骨療法 はオステオパシーとも呼ばれます。

生命いのちにとって大事なのはまず
・神経系を正しく働かせること
・体内循環が整うこと
です。

人間の中枢である脳・脊髄は
脳脊髄液で満たされた硬膜(インナー)に包まれ
その周りを脳頭蓋・脊柱のアウター
守っています。

脳頭蓋・脊柱とその中で守られている硬膜

そしてその硬膜は頭蓋内では
内側に密接に貼り付き
仙骨の内側で再び触れます。
その頭蓋仙骨を外側から動かして
硬膜を調整するので
「 頭蓋仙骨療法 」
と呼ばれます。

硬膜内には脳脊髄液が満たされています。

硬膜は密閉された袋状と考えてよく
その中を満たしている脳脊髄液を通して
外部からの圧力を硬膜内へ均等に伝えます。

頭蓋骨は硬いイメージがありますが
前頭骨・側頭骨・後頭骨・篩骨・蝶形骨等は
関節でつながっており 緩みがあります。
その内部に 硬膜が密接に張り付いていて
これはごくごくゆるい頭蓋への外部からの刺激でも
脳脊髄液を介して硬膜内全てに影響を
与えることを示しています。

NTAはソフトタッチの手技治療です。

どれぐらいソフトかというと
術者は触れるまえに両手の中で
「気」を感じます。
これはどなたでも持っているものです。
おかあさんが我が子に施す
「手あて」
のときに似ています。
その「気」を術者はトレーニングを重ね
意識することによって
治療に使うことができます。

まさに「手あて」と言うにふさわしい
ソフトタッチの手技で
抹消まっしょうから中枢へ働きかけますので
新生児から高齢者まで
男女を問わず受けていただけます。

鉱石を使った波動の調整

NTAでは さらに鉱石の波動の共鳴を利用して
現在のあなたの身体に 影響を与えている
原因を探っていきます。

あなたのお身体が覚えてしまっている
いらない感情やトラウマにまで及びます。

フィールドフローレメシス

座ってフィールドフローレメシスをあてる女性

「光のスペクトラム」と
補寫ほしゃ機能」を使って
抹消へ働きかけ中枢の神経伝達と
エネルギーの流れの改善を行います。
詳しくは
「フィールドフローレメシス」
を御覧ください。

あなたのご来院を
心からお待ちしております