ぎっくり腰 の対処法

大阪市東成区今里にあります鍼灸治療院リーチです。
ぎっくり腰の対処法です。

いきなり背中・腰に激痛が走った。
立ち上がれない。
座ってるのもつらい。
横になってるのもつらい。
息をするのも苦しい 。
歩こうとしても一歩が踏み出せない。
痛みの部分に熱がある。

※「ぎっくり腰」は診断名ではなく通称です。

熱をもっていますか?

「 イテっ!ぎっくり腰 だ!」

背中に急に痛みを感じたら
ぎっくり腰を疑います。
何度も繰り返してる人は
「またか!」
と思うでしょう。
後ろ手に手の甲をあてて
温度を確かめてください。
手のひらよりも手の甲
温度に敏感です。
他の部分よりも熱があるようだったら
冷やしてみます。

冷却は氷と水で 氷嚢ひょうのうを作り 凍傷を防ぎます。

ビニール袋に氷を入れて
同量の水を入れてください。
簡易の氷嚢です。
氷が溶けていくことによって
0℃以上の温度が保たれ
凍傷が防げます。

※保冷剤などは使わないでください。
 肌面が0℃以下になって凍傷の危険があります。
※湿布や冷感ジェルは冷たい感じがするだけで
 冷却にはなっていません。
ガツンと氷嚢で冷やしてください!

タオルを一枚挟んで患部に当て
冷たさが気持ちよく感じるようなら
30分を限度に冷却します。

※炎症を起こしてなければ
 冷たさが心地よく感じません。
 その場合は冷却を中止するか
 場所を変えてみましょう。

炎症がない場合は
こじらせてない状況です。
自己流のストレッチなど
無理に体を捻ったりしないで
人の手を借りるか
壁伝いなら動けるようなら
そのまま適当な医療機関を受診してください。
リーチはぎっくり腰にはすぐに対応します。

ぎっくり腰の痛みは筋・筋膜の炎症

ぎっくり腰の痛みは
筋肉の炎症です。
「腰部捻挫」
と呼ばれることもあります。
まず最初はその炎症を
抑えなければいけません。

お風呂に入ると
楽になるような気がするので
温めてみた

という方がけっこういらっしゃいます。
それは間違いです。
どんな「怪我」でも言えることですが
直後は冷却です。
「ぎっくり腰の痛みは筋肉の炎症だ」
ということを頭において下さい。
炎症は冷やして熱をとらなければいけません。

患部に炎症があると
冷却すると気持ちがいいものです。
他の肌面に氷嚢を当てて
ヒヤッ!
とする不快な感じと比べて下さい。

直後に冷やすということを
実践すると
ぎっくり腰はそんなに
怖くなくなります。

冷却とは
氷嚢で冷やすことです。
湿布は冷却ではありません。
冷感です。
気休めに近いものです。
冷却を怠ると
長引かせてこじらせてしまいます。

冷却が完了したら

30分を限度に冷却します。
すると
受傷直後は漠然としていた患部が
背中の上のほうか下のほうか
背骨より右か左か
がはっきりしてきます。
「ああこの部分が痛いんだ」
とご自身で確認できれば
いったん冷却完了です。

骨に異常がないなら
ゆっくりなら
動けるようになります。
骨に異常があるときは
立ち上がることも出来ません。

※動けるうちに受診するのが最善です。
リーチは土日祝も対応しております。

リーチの電話はここをタップ 

ぎっくり腰での当院の処置例

ぎっくり腰での当院での処置は
まず熱感を確かめます。
必要があれば安静臥位あんせいがい
冷却してもらいます。

来院前に御自分で冷却した場合は
お伝え下さい。

検査から行います。

自動運動・他動運動により
骨に異常はないかを確認します。

あおむけで膝の曲がりなど
検査します。
左右の母趾の反応を比べる
筋力検査をして骨盤リリースをします。

骨盤リリースとは骨盤矯正ではなく神経伝達の左右差の調整です。

上背部じょうはいぶの痛みも腰が原因です。

上背部が痛み
息もできないような苦しさがあり
なにか重篤な内臓の病気かと?
疑うようなケースがあります。

ぎっくり腰における 長肋筋 最長筋 痛みのある場所と原因の場所の離れ方を表しています。

しかしこの場合も
原因は腰にあります。
少し詳しく説明します。

脊柱起立筋の一つである
長肋筋ちょうろくきんは腰から始まり
背部の肋骨に停止します。

ぎっくり腰を頻繁に繰り返している
普段から腰が重く・固い人は
腰部・胸腰移行部きょうよういこうぶで筋膜の自由度が失われ
その影響で肋骨ろっこつの停止部にも
無理がかかっていると予想できます。

刺鍼場所は痛みの場所とは限りません

この場合
腰部の
痛みが出ているところから
かなり離れたところに刺鍼します。
それで痛み自体は劇的に引いていくと思います。

ぎっくり腰の原因

しょっちゅうぎっくり腰になるのは
慢性的になにか原因があることに
ご本人も気づいてるでしょう。

当院を選択してほしいのはここです。

それは
姿勢などが影響して悪くしていく運動器的なもの
食べ過ぎや咀嚼不足で胃腸の障害あとストレスやお酒で肝機能などが影響する
内的なものがあります。

そこを見極めて
もう二度と起こらない
ぎっくり腰知らずの
お身体になっていただくのが
当院の仕事です。

痛みをとっただけでは
治したことにはならないのです。

もう一度検査をし痛みを確認します。
すぐに出掛けなければいけない用がある
安静にしていられない場合には
必要があればテーピングなど
患部に無理がかからないように
処置をします。

皆様のご来院を
心からお待ちしております。

リーチの筋膜リリースは
今まで手つかずだった深層の原因筋にアプローチし
あなたの症状を抑えます。

リーチのNTA頭蓋仙骨療法は
中枢へ作用し
あなたの生命力を引き出します。

くわしくは「料金」を御覧ください。

行きたいけれどどうすればいいんだろう?

まずは症状のご相談から…

まずは 電話ラインメール どちらでもご都合のいい方法で ご相談下さい。
今までの経過 治療履歴などを伺い当院が適応かどうか施術方法などをご案内いたします。
ご相談が二度三度数日にわたってもかまいません。納得した上でご来院下さい。

電話には必ず院長の私が出ます!

リーチの電話はここをタップ

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合必ず折り返しのお電話番号も録音するようお願いします。※繁忙時など折り返させていただくことがございます。

メールでのお問い合わせはこちらから

LINEでのお問い合わせはこちらから

LINEロゴ

LINE登録していただくと特典があります。

住所・連絡先

院長氏名:政岡 史朗マサオカ シロウ

住所:大阪市東成区大 今里 南1-15-1

電話: 06-7163-7470

※当院の受付電話は番号通知がされません。留守番電話の場合にはお電話番号もお願いします。

メール:keiketutaro@hotmail.co.jp

大阪市東成区大今里南 鍼灸治療院リーチ周辺の地図
詳しい案内はこちらをクリック

御予約からの流れ

ご予約からお帰りまでの一連の流れのご案内です。

リーチの約束

1.時間制ではなく症状に対して結果を出します。その時どこまで良くなるか 何回ぐらいかかるか施術前にお伝えします。
2.初診料・特別な材料費がかからなければ一回の施術で5500円を超えることはありません。(税別)
3.脱力短縮位だつりょくたんしゅくいを極め効果的で痛みのない刺鍼を行います。
4.鍼は使い捨てのディスポーザブルタイプを使用します。
5. お灸は火傷痕やけどあとを残しません。
6.筋膜リリース・トリガーポイント鍼・頭蓋仙骨療法いずれの方法も症状の根本原因こんぽんげんいんを追求していきます。
7.眼の前の症状だけでなく 患者様と向き合い 健康な毎日へ貢献していきます。
8.問診・検査・会話などで知り得たことは守秘義務しゅひぎむに徹します。

皆様のご来院を
心からお待ちしております

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。