, 慢性症状

足のしびれ 場所によってどこが悪いかがわかります。糖尿病には足のケアが大事です。

あなたの 足のしびれ
どこがしびれるかで
原因を推測することができます。

足の裏が全体的にしびれるイラスト

1.両側の足が全体的にしびれる

両足ともが甲にもおよんで
全体的にしびれる場合は
糖尿病が疑われます。
内科的な検査を受けていない方は
調べてもらいましょう。
糖尿病は血管の病気です。
血管が損傷を受けて
神経に栄養が行き渡らないために
しびれが発生します。
心臓から一番遠いところだから
いち早くその症状が現れています。
しびれとも言えないようなもや~とした
感覚のうちは血管の損傷は軽症ですが
血糖値はじゅうぶん上がっています。
医師の指導のもと血糖値のコントロールを
行う必要があります。

運動不足であることも原因です。
その場合はリーチのMCトレーニングが手助けになると思います。

さらに
強いしびれ・冷えがあり 痛みを伴ったり
階段の上り降りでふくらはぎが痛くなるときは
閉塞性動脈硬化症が疑われます。
血管がつまり 血液が流れにくくなっています。
直ちに医師の受診を必要とします。

2.足裏全体にしびれがある。

「足裏に紙を一枚貼っつけたような」

という表現がされます。
しびれというよりもどかしい違和感です。
この症状と
・続けて長く歩けない(間欠性跛行
・背筋を伸ばして立ったり歩いたりしてると
 太ももの外側にしびれ・痛みを感じる
が合わせてある場合は

脊柱菅狭窄症

が考えられます。

今あげた症状がない
もしくは出たり消えたりする場合は
腰部椎間板ヘルニアが疑われます。

鍼灸適応です。

3.指の付け根あたりにしびれがある。

sketch-1530759153431


親指側四本の指とその付け根
あたりに限局してしびれがある。
かつ形状的なこととして
かかとが内側に入り込んでいる。
(内反足)の場合では

足首の傾きにより足根管内で内側足底神経
絞扼を受けしびれが現れています。
下記の回内足の足根管症候群に比べて
しびれ方は比較的軽いですが
数的にはこの症状が一番多いと思われます。

鍼灸適応です。

4.かかとより前がしびれる。

sketch-1530759137522.png

立ち姿を後ろから見て
形状的にかかとが外側に逃げている
外反(回内足)の場合は
足根管症候群
が考えられます。

Screen_Shot_07-05-2018_12.33.52(1)

内くるぶしとかかとを結ぶ靭帯の下を
足根管と呼びその中を
動脈・静脈・神経が通りますが
回内足になることで潰されたり
脂肪の塊などによる圧迫を受けると
しびれが出てきます。
痛みを伴う場合は血管の損傷もあり
歩けないこともあります。

整形外科での一時間ほどの手術で
治る場合もありますが予後不良のことも多く
痛みが出る前に外反を矯正することが
のぞましいです。

5.足の甲から脛にかけて外側がしびれるのは
腓骨神経麻痺です。
ギブスなどの固定により腓骨神経が
圧迫されることによっておこります。
腓骨神経の通り道である腓骨頭の脇を
圧痛点と間違えて押圧や刺鍼を行うことで
なることもあります。

ほかに足の疾患としては
外反母趾モートン病痛風
などがあります。
またすべり症
腰部の疾患ですが
腰痛をあまり感ぜず
ふくらはぎがおもだるく感じます。

糖尿病と相関関係

糖尿病の症状が全体を覆っていると
他の原因による痛みしびれが
特定しにくくなります。
糖尿病だと診断されると
全ての不具合をそこに
持っていってしまいがちです。

血糖値を下げるには
運動する事が必要ですが
足を痛め歩きにくくすると
歩くことが嫌になるので
運動量が減ります。
足の不具合と糖尿病は
相関関係があります。
並行してケアすることを
おすすめします。