灸 頭 鍼

大阪市東成区今里にあります
鍼灸治療院リーチです。
灸頭針きゅうとうしん について考察してみました。

有効なのは輻射熱輻射熱ふくしゃねつといわれてますが…

刺鍼した鍼のてっぺんに
艾をつけて火を焚くのが
灸頭鍼です。

火が直接肌面に当たらないので
やけど痕の心配が少なくなります。

艾の火から
放散する熱

輻射熱ふくしゃねつ

が肌面を温めます。

親指の先ぐらいの大きさの
もぐさに火をつけると
火力はけっこう強くなります。
肌面に近いと熱すぎるので
使用する鍼は長めのものです。
細いとお辞儀してしまうので
太めの鍼を使います。

灸頭鍼で肌が熱く赤くなっているイラスト

鍼が短いと肌面に近すぎて熱すぎます。

鍼を細いまま長くすると艾の重みで お辞儀してしまいます。

太くて長い鍼を使うことで安定して肌面から離れ適度な熱さになります。

それでも熱い場合は間に紙を入れて調節します。

輻射熱だけなら電気でいいかも

でもこの効果なら
電気の赤外線ランプ
でも得られます。
無色の遠赤外線ランプ
というものもあります。

鍼灸学校の教科書にも
「灸頭鍼の熱は輻射熱として伝えられる」
と書いてありますが

経験すると
電気で温める以上の
効果を実感するのです。

鍼も熱くなります。

もぐさをつけられた鍼も
熱くなります。
素手では触れないほどです。
時間が経って
「もういいだろう」と
触ってしまって指先を
やけどすることもあります。

熱伝導率のいい金属を伝わって
刺鍼された体の内部に達する
熱もあるはずです。

鍼の熱さは感じません

でも受診者はそれを感じません。

熱さを感じるセンサーは
皮膚面に点在していますから
鍼で伝わる熱はそれをくぐり抜け
体の内側に届くことができます。

筋肉だけでなく
間質が溶けて
体が緩んでくる感じを
体感できます。

炭化もぐさを使っています。

当院では
釜屋の炭化もぐさ「温暖」を
使用しています。

輻射熱をあまり感じなくて
熱すぎることがありません。
でも炭ですから
もぐさより遠赤外線は出ています。

輻射熱って余計なんです。

さらにいいところは
軽いので
細めの鍼を使えます。
強刺激が苦手で
太い鍼を使えない人でも
おすすめできます。

患部が溶ける感じを味わってもらう。

灸頭鍼は
100円/本を
頂いてます。

これは材料のコストというより
「時間」
です。
炭の火が消えても
鍼はまだまだ熱いままです。

それをじっくり味わってもらいたい。

その分
ベッドの専有時間が
長くなります。
そのために
ちょっと余計にかかります。

梅雨時の
湿度でむくんで
冷房で冷やされた
足にも有効です。

このページに書いてあること

灸 頭 鍼
・有効なのは輻射熱と言われています。
・輻射熱だけなら電気でいいかも。
・鍼も熱くなりますが感じません。
・鍼の熱さは感じません。
・当院では炭化もぐさを使っています。
・患部が溶けるような感じがあります。

皆様のご来院を
心よりお待ちしています。